大夫山登りの思い

LINEで送る

大夫山森林公園は広州市番禺区の観光地の一つです。または、広州市で一番大きくて無料観光できる公園です。昔、「大乌岗」と呼ばれたこともありますが、西漢時代の初期、「陆贾大夫」(昔の官吏は大夫と呼びます)はここで葬っていた後、人々は氏を記念するために、ここを「大夫山」と呼び始めたそうです。

 

画像引用元:http://pic.sogou.com/pics?query=%B4%F3%B7%F2%C9%BD&p=40230500&st=255&mode=255

 

ある日、連続で勉強か仕事して病気になってしまって、なかなか元気を出さなかったそうで、一緒にアルバイトをしていた同僚は休みの日に大夫山を観光する誘いに応じて、大夫山に行きました。

行く前はどうしても元気しなくて、同僚をお邪魔しないように賛成しましたが、何も興味を持たなかったんです。大夫山で10分間か20分間か自転車をして、緑を見て、いい空気をして、気持ちはだんだん良くなりました。その後、まるで宝くじを当たったように様々な娯楽施設を遊び、楽しんでいました。

午後、急に大雨が降り始めて、仕方なく、ある美食店に止めました。店には、金色猿が一匹あります。氏はかごにありますが、楽しいそうに見えます。どうして氏はかごにあっても楽しいそうにできますか、私はなかなかわかりませんでした。

同僚に聞くと、最後、その道理はわかりました。自由はほしいですが、それはなければ、今の現状を満足したら、楽しみはそれにつれて感じできます。生活もそのどおりです。いつも緊張して、ぶつくさを言い、本来の楽しみも忘れました。ありがとう、猿ちゃん。

 

馮倩渓

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください