小さい頃の記憶――「鉢仔糕」(ボザイガオ)

LINEで送る

毎広州人の小さい頃の記憶では、きっと鉢仔糕の思い出がある。どこでも売っているし、安くておいしいし、とても人気があるので、ほぼ毎広州人は食べたことがある。

鉢仔糕は広東省の特色がある伝統的なおやつで、今は二つの種類に分け、一つは粤式鉢仔糕であり、もう一つは透明鉢仔糕である。材料は主に米の粉と小麦デンプンであるが、今タピオカ、シナクログワイの粉やゼリー粉などを増加する作り方もある。しかし、最も正統的な作り方は米の粉、小麦デンプン、砂糖、あずきだけである。

 

鉢仔糕

撮影:黄燕

 

歯ざわりは材料の増加に従って変化する。最も正統的な作り方で作ると、もちもちして歯ざわりがもっと厚いと感じる。でも、今多くの店はタピオカ、シナクログワイの粉を増加し、もっとプリプリしるが、歯ざわりが相対的に厚くないと感じる。

今、鉢仔糕はいろいろな作り方があります。でも、せめて一つの作り方は私たちの昔の記憶がある。

 

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E9%92%B5%E4%BB%94%E7%B3%95/2162509?fr=aladdin

http://dy.163.com/v2/article/detail/DOA8IJ9R05420AKH.html

 

筆者:黄燕

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください