広州の地下鉄の安全検査がアップグレードし た

LINEで送る

広州の地下鉄の出入り口で物をボックス型の安全検査の装置を通り、自分は安全検査門を通るという行為に疑問があるでしょう。なぜそんなに面倒になるか。疑いもないのは乗客の安全のためである。

広州の地下鉄の安全検査が大アップグレードした

市政府の承知を通過した後、広州地下鉄は2017年10月10日から逐次に安全検査をアップグレードし、全ての駅は「人は安全検査門を通り、物は安全検査機を通る」という原則で安全検査を実施する。広州の地下鉄正式発表によると、安全検査のアップグレードは法規で要求しており、民衆が呼びかけており、モデル正確化、措置人間性を求め、その根本的な目的はよりよく広大な乗客の通行安全を守り、よりよく地下鉄の運営の安全と秩序を守り、広大な乗客が自覚的に安全検査を協力し、「平安の地下鉄」共同で作ると表した。

 

画像引用元:http://www.sohu.com/a/197175169_397099

 

安全検査のアップグレードは法規の要求と民衆の呼びかけである

地下鉄に安全検査を実施することは国家法律の明確の要求である。『中華人民共和国反テロリズム法』第三十四条によると、重点目標の管理部門は規定に基づき、大型活動場所、空港、鉄道駅、埠頭、都市軌道交通駅などの重点目標の人、もの、乗り物に安全検査を行うと明確に規定している。そして、公安部、交通運輸部も『適切に都市公共交通の安全保障を強化するについての知らせ』によると、地下鉄の駅ではX線安全検査機と安全検査門を配置し、常態化安全検査制度を築き、人と物を同時に検査すると明確に要求した。

また、地下鉄に安全検査を実施することは民衆の呼びかけである。広東省省情調査研究中心の『広州の地下鉄の安全検査の民意調査の報告書』によると、この調査は公園前、広州火車站、珠江新城、体育西路、昌岗などの19個の駅で展開し、調査対象は16歳以上の地下鉄に乗る習慣がある地元に住む乗客であり、最後5064枚の有効的なアンケートを回収した。データによると、八割以上の乗客は安全検査が必要であり、しかも安全検査を強化する必要もあると考えている。

 

画像引用元:http://gd.qq.com/a/20170927/019808.htm

 

安全検査のアップグレードが10月10日から逐次に分段階で実施した

広州地下鉄集団運営総部副総経理宋利明の紹介によると、今回の安全検査は全ての駅の出入り口、トンネル、ホールに安全検査点を設立し、X線安全検査機、安全検査門、爆薬探知器、卓上液体探知器、金属探査機などの安全検査設備を配置し、「人は安全検査門を通り、物は安全検査機を通る」という原則で、地下鉄の範囲に入る乗客と携えている荷物に全面的な安全検査を行う。そして、広大な市民に慣れるように、安全検査のアップグレードは段階によって実施する。

 

画像引用元:http://gd.qq.com/a/20170927/019808.htm

 

現在、この安全検査実施時間は3年である。入札書類によると、契約時間はは2017年9月25日から2020年9月24日に効力を生ずる。つまり、この安全検査は3年を持続し、しかも地下鉄の安全検査の強度需要に従い、未来も実施し続ける可能性が高い。

多種の安全検査のモデルでできるだけ乗客に影響を減少する

過去では、安全検査要員が探査機を持って、乗客と携えている荷物に検査し、不合格の時では、また設備を利用して荷物を検査するというモデルである。だが、アップグレード後、3つのモデルを採用し、駅の乗客の流れによって設立する。以下はアップグレード後のモデル:

「一機一門」モデル:乗客の通行要求に満たす安全検査点では、一台のX線安全検査機と一台の安全検査門を配置する。

「一機多門」モデル:快速通路を設置でき、乗客の流れが大きいという状況がある駅では、「一機一門」モデルの上で、安全検査門を増設し、荷物を携えていない乗客にはやく通行できる。

「機検+人検」モデル:常態化乗客流れの調節を実施し、朝夕で乗客の流れが明らかに増加する駅では、「機検+人検」の方式で、安全検査設備を持っている人員を増え、スーツケースを携えていない乗客と小さい荷物を携えている乗客に快速の安全検査を行う。

その上、乗客の流れと特別の状況によって異なるモデルを採用し、できるだけ乗客にの影響を最小化にする。

 

画像引用元:http://www.sohu.com/a/197175169_397099

 

厳しい安全検査はよりよく広大な乗客に安全保障を提供し、よりよく地下鉄の運営環境を守れる。乗客として我々は積極的に安全検査の仕事に応じるべきだ。それゆえ、より速く地下鉄に乗れば、できるだけ大荷物を携えず、また携帯禁止品を携えないほうがいい。

 

資料引用元:http://gd.qq.com/a/20170927/019808.htm

http://static.nfapp.southcn.com/content/201708/15/c612998.html?from=timeline

 

筆者:黄燕

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...