建設機械のスマート化

LINEで送る

21世紀に入った以来、スマート化は工業技術分野で活躍している。そして、コンピューター技術の高速の発展と革新は多くの伝統産業に深い影響を与え、建設機械産業も影響される伝統工業の一つである。現在、建設機械産業は自動化、スマート化、データ化に転換している。

中国のスマート化建設機械技術の研究は20世紀90年代の初期から始まり、掘削機とブルドーザーのスマート化技術、AGV技術は開発された。そして、2010年から、中国は現代化技術を通って、模型の開発モードに基づいての本体コントロールシステムを開発している。

 

工事ロボット

アメリカ、日本、オーストリアなどの国はすでに様々な工事ロボットを開発した。日本の清水建設株式会社はRobo WelderとRobo Buddyを含める建築工事用のロボットを開発し、建築現場で応用している。しかし、建築工事の多様性と複雑性で、目下ロボットはただ1%の仕事量を処理でき、ロボットの安全性も保障できない。それに、ロボットのコストが高いので、まだ広く応用できない。もちろん、工事ロボットは産業発展の趨勢であり、またロボットの便利さも否定できないことなのである。

 

画像引用元:http://m.elecfans.com/article/668212.html

 

そのほか、オーストリアの煉瓦を積むロボット、Hadrian XはCAD技術によって、建築の形と構造を計算でき、ブリックの位置も精確に計算できる。しかし、Hadrian Xはまだ開発段階であり、商品としての応用はまだ実現できない。

 

無人運転

無人運転は建設機械産業でよく応用され、多くの建設機械生産企業は自社の無人運転製品を開発している。現在、掘削機、ブルドーザー、ロードローラー、ダンプカーなどの建設機械はすでに無人運転を実現できる。国内の三一、徐工、山河スマート会社は無人運転の掘削機を開発し、今後爆破などの危険作業は無人掘削機に任せる。突発状況があってもただの機械損失であり、作業員の人身安全に影響を与えない。それに、無人運転機械は天気、工事環境を問わず、工期を延ばさないように、作業をうまく進むこともできる。

 

画像引用元:http://www.xcmg.com/xgqc/brand/585734.htm

 

建設機械産業のスマート化工業発展の趨勢であり、また、企業にとって、建設機械産業とハイテク技術の融合は新たな発展チャンスである。チャンスをつかみ、製品の質量を最適化し、情報化、集成化、スマート化の方向に発展することこそ、企業が未来を把握する唯一の方法だと思う。

 

資料引用元:

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1616453404361571398&wfr=spider&for=pc

http://wemedia.ifeng.com/68749555/wemedia.shtml

http://www.chem17.com/news/detail/121281.html

http://info.cm.hc360.com/2018/01/180920692003.shtml

http://www.xcmg.com/strength/quality.htm

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1608690281322083827&wfr=spider&for=pc

 

筆者:李泳琳

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください