数字経済朝刊(1.4)

LINEで送る

数字经济早报(1.4)

 

2019-01-04 10:27:43  来源:亚太日报

1. 天猫超市事业群宣布升级商业模式:代销和采销并行

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919169.html

 

天猫超市事业群今日宣布,将升级商业模式,从以“代销”为主的模式,转变为“代销”和“采销”并行的模式。今后,品牌方和商家可选择适合自己的合作方式。此外,为了让利商家、共同推进新零售战略,在品牌方业绩翻倍增长的情况下,2019年天猫超市佣金仍保持基本不变。

2.义乌跨境电商综试区业务首日达10278单

近日,记者从杭州海关隶属义乌海关了解到,于新年首日启动的中国(义乌)跨境电商综试区网购保税进口业务达到10278单,实现了义乌跨境电商综试区建设在2019年的开门红。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919169.html

 

据悉,首日发货的进口商品除了尿不湿外,新扩面膜、美妆、个护、奶粉等四个品类,主要货源地为韩国、日本、澳大利亚等国家和地区,共43个SKU,均从义乌保税物流中心出区,第一时间运往浙江、广东、上海、四川、福建等全国各地。义乌海关累计加班5人次、50小时,现场监管秩序良好。

3.电商法正式执行,律师:规则待明确,难题未真正解决

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919169.html

 

2019年1月1日起正式实施的《中华人民共和国电子商务法》(简称《电子商务法》或、《电商法》),作为我国电商领域首部综合性法律,引来市场广泛关注。

具体到拥有万亿元市场的跨境电商,中国电子商务研究中心特约研究员、北京德恒(深圳)律师事务所高级合伙人吕友臣律师认为,《电商法》中,对于跨境电子商务的规定,仅仅是一种原则性规定,且散见于其他法律法规和规定的影子,留有极大的空白待日后逐步完善。

4.2018年网贷规模全面缩水,超半数平台出局

网贷之家近日发布的《P2P网贷行业2018年年报》)显示,截至2018年底,网贷行业正常运营平台数量、成交量、贷款余额等主要指标全线跳水,同比分别下降54.42%、36.01%、24.27%。截至2018年12月底,P2P网贷行业正常运营平台数量下降至1021家,相比2017年底减少了1219家,这意味着全年有超过半数的平台退出该行业。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919169.html

 

5.个人信息黑产链:分类标价,定位手机号单次收超千元

中国裁判文书网2013年至2018年64起通过QQ、微信倒卖或直接盗取公民个人信息的案例中,168名被告人因侵犯公民个人信息获刑,非法获利者少的上千元,多则达近百万元。在这些以个人信息作为新的“商业资源”的案例中,一条个人信息的价格会因其来源、品类和转手次数等多种因素而相差悬殊。最低单价仅1分钱,而卖价最高的系定位他人手机号位置,单次收费超千元。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919169.html

(来源:亚太日报)

 

 

数字経済朝刊(1.4

 

2019-01-04 10:27:43 出所:アジアパシフィックデイリーニュース

1.天猫スーパー事業グループは、ビジネスモデルのアップグレード:代理販売と販売が並行すると発表した。

 

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919169.html

 

天猫スーパー事業グループは今日、ビジネスモデルをアップグレードし、「代理販売」を中心としたモデルから、「代理販売」と「販売」が並行するモデルに転換すると発表した。今後、ブランド側や売り手は自分に合うパートナーを選ぶことができる。また、売り手に値下げさせる為に、共に新たな小売戦略を推進し、ブランド側の業績が倍増した場合には、2019年の天猫スーパーの手数料は依然として基本は変わらない。

2.義烏クロスボーダー電子商取引総合試験エリアの業務は初日10278部に達した

最近、記者は杭州税関に従属する義烏税関から、新年初日にスタートした中国(義烏)のクロスボーダー電子商取引総合試験エリアのネットショッピング保税の輸入業務は10278部に達したと発表した。これは義烏クロスボーダー電子商取引総合試験エリア2019年の幸先の良いスタートとなった。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919169.html

 

記事によると、初日に出荷された輸入商品は紙オムツ以外に、フェイスパック、化粧品、スキンケア用品、粉ミルクなどの4種類があった。主に韓国、日本、オーストラリアなどの国と地域から輸入し、43個のSKUがあった。その全部は義烏保税物流センターから、浙江、広東、上海、四川、福建をはじめ、全国各地へ輸送された。義烏税関で残業した5人は合計50時間で、現場の監督秩序がは順調だであった。

3.電子商取引法を正式に執行、弁護士:規則は明確さが必要、難題はまだ本当には解決されていない。

 

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919169.html

 

2019年1月1日から正式に実施された『中華人民共和国電子商取引法』(略称『電子商取引法』或いは『電子商法』)は、中国の電子商取引分野の第一の総合的法律として、市場の注目を集めさせている。

具体的に万億元の市場があるクロスボーダー電子商取引と言えば、中国電子商取引研究センター特約研究員、北京徳恒(深セン)弁護士事務所の高級パートナーの呂友臣弁護士は、『電子商取引法』では、クロスボーダー電子商取引に対しての規定は、単なる原則的な規定だけであり、その他の法律法規と規定の影に散見し、大きな空白が残っているので、今後徐々に改善する必要がある。

42018年にネットローンの規模が全面的に縮小し、過半数を超えるプラットフォームが淘汰された。

「ネットローンの家」が最近発表した『P 2 Pネットローン業界2018年年度報告』によると、2018年末までに、ネットローン業界の正常な運営プラットフォームの数、成約量、貸付残高などの主な指標は全面的に下落し、前年比でそれぞれ54.42 %、36.01 %、24.27 %が減少した。2018年12月末までに、P 2 Pネットローン業界の正常な運営プラットフォームの数は1021社まで減少し、2017年末に比べて1219社減少した。これは、年間の過半数を超えるプラットフォームがこの業界から脱退することを意味する。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919169.html

 

5.  個人情報の闇産業チェーン:分類価格、携帯番号の位置特定料金が1回千元を超える

中国の裁判文書ネットは2013年から2018年にQQ、Wechatを通して、国民個人情報を販売する或いは直接盗み取る64件のケースの中で、168人の被告人が国民個人情報を侵害する罪で刑を受け、不法な利益は少なくとも千元、多いものは百万元に及んだ。これらの個人情報を新たな「商業資源」としているケースの中で、1つの個人情報の価格は、その出所や種類、転売の回数などさまざまな要因によって違う。最低単価は1銭だけで、販売価格が最も高いものは、他人の携帯番号の位置を特定することで、1回の料金は千元を超える。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919169.html

(出所:アジアパシフィックデイリーニュース)

 

記事引用元:https://cn.apdnews.com/business/919169.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK
■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□ http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください