日本の相馬市は市内全ての小中高校に無料で30年の給食を提供する

LINEで送る

日本相马市将对市内全部中小学免费供餐30年

 

2018-03-05 15:47:00  来源:亚太日报

据日本雅虎新闻网报道,日本福岛县相马市今年4月起,将对全市中小学持续30年实施免费供餐,相马市火力发电站产生的石炭灰回收处理费将充当经费。县健康教育课表示,对县内13所公立中小学实施免费供餐是首次。

相马市市长立谷秀青3月1日在市议会的例会上提出了此方案。立谷秀青于去年12月在市长选举时作为选举公约提出,实施对象为9所小学,4所中学,合计13所学校的2800名学生。相马市儿童饮食教育基金的条例制定案于今年3月在议会提出。光阳地区业务特别会计一年积攒的约1.6亿日元的石炭灰处理费将通过儿童饮食教育基金,转入为一般会计。教职人员则像往常一样自行负担餐费。

伴随中小学免费供餐制度的实施,相马市积极使用蔬菜、海鲜等本地的食材。立谷表示,相马市在商务上的财源将归还到儿童教育方面,同时想通过地产地消来强化本市的风评政策。

(来源:环球网)

 

 

日本の相馬市は市内全ての小中高校に無料で30年の給食を提供する

 

2018-03-05 15:47:00   出所:アジアパシフィックデイリーニュース

ヤフージャパンによると、今年の四月から福島県相馬市が全市の小中学校に30年間続けて無償で給食を提供する見込みだ。相馬市の火カ発電所で出る石炭灰の処理料を経費とするつもりだ。「県内の公立小中学校13校に無料で給食提供というのははじめて実施することです」と県に健康教育課が発表した。

相馬市の立谷秀青市長は3月1日、市議会の定例会議にこの計画を出した。立谷秀青市長は昨年12月、市長選挙で選挙公約として掲げ、実施対象は小学校9校、中学校4校、全部で13校の学生2800人である。相馬市の児童食育基金の条例制定案が今年3月、議会で提出された。光陽地区の事務特別会計が一年で貯めた石炭灰の処理費約1億6000万円は、児童食育基金を通して一般の会計に振込まれる。教職員はいつもと同じく自分で食事代を負担する。

小中学校に無料で給食を提供する制度の実施に伴い、相馬市は野菜や魚介類など現地の食材を積極的に使いうようだ。立谷氏は、相馬市が一方ではビジネス上の財源を子供の教育に還元し、同時に地産地消によって本市の評判政策を強化したい、と述べた。

(出所:環球ネット)

 

記事引用元:http://cn.apdnews.com/shixun/824422.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...