日本メディア:日米首脳は貿易に食い違う 日本は米国と連携して中国を対応しかねる

LINEで送る

日媒:日美首脑谈不拢贸易 日难与美联手应对中国

 

2018-04-21 09:58:00 来源:亚太日报

日媒称,在当地时间4月17日至18日举行的日美首脑会谈中,美国总统特朗普没有将日本从钢铝进口限制名单中剔除。特朗普将削减对日贸易逆差作为优先课题,显示出在双边磋商取得进展之前不会豁免日本的态度。日本政府对于按品类豁免寄予期待,但一个沉重的事实是,日本整体上仍是限制对象国。在本来立场相同的所谓“中国侵犯知识产权”等问题上,日本越来越难以和美国采取合作姿态。

据《日本经济新闻》网站4月20日报道,日本钢铁和铝的对美出口额约为全年20亿美元(约合125.7亿元人民币),数额不是特别大。有分析认为,日本产品由于性能好,不容易替代,即使关税被提高,需求也不会明显改变。不过,由于美国的进口限制是以安全保障为理由,日本一直向美方表示,将同盟国日本纳入限制对象是不妥当的。

安倍晋三对特朗普表示,“日本的钢铁和铝并未给美国安全保障造成负面影响”。特朗普表示,“希望将来取消(加征)关税”,但重视消除7万亿日元(约合4088亿元人民币)规模的贸易逆差,没有同意日本的要求。

报道称,日本政府一直在推动使用日本产品的美国企业向美国政府申请豁免部分产品。美国商务部预计6月中旬作出判断,日本经济产业省认为,“可能很多产品能得到豁免”。但是,日本整体上仍将是限制对象国。

报道指出,日本希望与欧美合作,联手应对中国。但是,由于特朗普政权将日本纳入进口限制对象,日本政府内部越来越多声音表示,“正在遭到美国的攻击,不能在应对中国方面合作”。由于在首脑会谈上没有拿出豁免日本的时间表,眼下日美联合应对中国的阻碍变大。

(来源:参考消息)

 

 

日本メディア:日米首脳は貿易に食い違う 日本は米国と連携して中国を対応しかねる

 

2018-04-21 09:58:00 出所:アジアパシフィックデイリーニュース

日本メディアによると、現地時間4月17日から18日にかけて日米首脳会談が行われた。米国大統領トランプ氏は日本を鉄鋼とアルミニウムの輸入制限の名簿から取り除かなった。トランプ氏は対日貿易逆鞘の減少を優先課題として、交渉が始まる前に日本への制限を免除しない態度を表していた。日本政府は品類によって免除を受けることができると期待しているが、残酷な事実は、全体として見れば日本がまだ制限対象国である。いわゆる「中国による知的所有権の侵害」など、同じ立場だった問題に対しても、日本は米国と連携しかねつつある。

「日本経済新聞」ウェブサイト4月20日の報道によると、日本における鉄鋼とアルミニウムの対米輸出は1年に約20億ドル(約125億7000万元)で、高額とは言えない。日本の産出品は高性能で、他の製品と置き換えにくい。関税が上がっても、需要は明らかに変わらないと分析されている。しかし、米国の輸入制限は安全保障を理由とするから、日本は「同盟国の日本を制限対象に入れることは妥当性に欠ける」と米国に表した。

安部晋三はトランプ氏に、「日本の鉄鋼とアルミニウムは米国の安全保障に影響しない」と表した。トランプ氏は「将来関税増徴を取り消すと期待しています。」と言って、7万億円(約4088億元)規模の貿易逆鞘を抹消することを重視し、日本の要求をしりぞけた。

報道によると、日本政府は日本の産出品を使っている米企業が米政府に一部の産出品についての免除を申し込むことを推進している。美国商務省は6月中旬に判断を出す予定だ。日本経済産業省は、「多くの産出品が制限を解除されるかもしれない」としている。しかし、全体として見れば日本はまだ制限対象国である。

報道は日本が欧米と連携して中国に対応するつもりではないかと指摘した。しかし、トランプ政権は日本を輸入制限対象国に入れることに対して、日本政府内部では、「米国の攻撃に遭ったため、連携して中国に対応しかねる」という声が続々あがっている。首脳会談で日本を免除する時間割表を出さなかったため、目下日米が連携して中国に対応する際の差しさわりが大きくなった。

(出所:参考消息)

 

記事引用元:https://cn.apdnews.com/toutiao/834243.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください