日本政府は来年10月22日新天皇の即位式を行う

LINEで送る

日本政府计划明年10月22日举行新天皇即位礼

 

2018-03-31 06:03:00 来源:亚太日报

中新网3月20日消息,据日本共同社报道,当地时间30日上午,日本政府在首相官邸召开了探讨天皇退位和新天皇即位相关仪式的筹备委员会第三次会议,出台了规定各项仪式框架的基本方针,计划明年10月22日举行新天皇即位礼。

据报道,方针主要内容是,2019年10月22日作为国事行为,举行新天皇即位之礼的核心仪式“即位礼正殿之仪”;把即位之礼后最重要的祭祀“大尝祭”作为官方的皇室活动加以实施。关于大尝祭,宫内厅计划2019年11月14日至15日举行核心仪式“大尝宫之仪”。

敲定基本方针后,日本政府今年秋季将设立以首相安倍晋三为首的“仪式典礼委员会”(暂名),制定出汇总各项仪式详细进程等的大纲。此外,还将成立负责在各中央部门间协调事务的“仪式典礼实施联络总部”(暂名)。

基本方针将在4月3日由内阁会议敲定。

据此前报道,日本政府本月6日召开内阁会议,决议通过规定明春举行明仁天皇退位仪式及明仁天皇和皇后退位后待遇等问题的相关行政令。行政令规定,明仁天皇的退位仪式将于其退位当日,即2019年4月30日举行。

(来源:中国新闻网)

 

 

日本政府は来年10月22日新天皇の即位式を行う

 

2018-03-31 06:03:00 出所:アジアパシフィックデイリーニュース

中新網3月20日の情報で、日本共同社の報道によると、現地時間30日午前、日本政府は首相官邸で天皇退位と新天皇即位にかかわる儀式の手配委員会第三次会議を行った。各儀式の大枠の基本方針を規定して発表し、来年10月22日新天皇の即位式を行う。

報道によると、方針の主な内容は、2019年10月22日国事として、新天皇の即位式の核心儀式である「即位式正殿の儀」を行うということだ。即位式後の、公式な皇室活動として最も重要な祭り「大嘗祭」を実施する。大嘗祭について、宮内庁は2019年11月14日から15日にかけて核心儀式「大嘗宮の儀」を行う予定だ。

基本方針が定まってから、日本政府は今年秋に首相安倍晋三氏を中心に「儀式典礼委任会」(仮称)を設立する見込みで、各儀式の詳しいプロフラムの大枠を制定する。そして、各中央部門間の事務を調整する「儀式典礼実施連絡総部」(仮称)を設立する見込みである。

基本方針は4月3日内閣会議によって定められる予定である。

報道によると、日本政府は今月6日内閣会議を行って、来年春に明仁天皇の退位式と明仁天皇と皇后退位後の待遇などの問題に関連する政令を議決する。政令によると、明仁天皇の退位式は退位の当日、すなわち2019年4月30日に行われる。

(出所:中国新聞網)

 

記事引用元:http://m.cn.apdnews.com/toutiao/829399.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください