日本政府は65歳の高齢者標準を見直す  エイジレス社会を目指す

LINEで送る

日本拟修改65岁是老年人标准 建设“不老社会”

 

2018-01-19 06:55:02  来源:亚太日报

日本政府本月17日汇总了作为老年人相关政策指针的《老龄社会对策大纲》的修改方案。首次写明“把65岁以上一律视为老年人这一普遍倾向逐渐变得与现实不符”,将转变成比迄今的政策更加灵活的方式。



画像引用元:http://cn.apdnews.com/toutiao/816748.html

 

此前,日本东京巢鸭区,日本老人们手持木质哑铃齐跳“广场舞”宣传健康活动以此庆祝敬老日的到来。

方案还提出,将促成可在超过70岁后才开始领取公共养老金的选项、以及促进老年人就业。随着日本少子老龄化和人口减少急速发展,修改大纲旨在完善工作环境和社会保障制度,让老年人也分担社会作用。

据报道,这是日本政府时隔约5年再次修改大纲。当天,方案被提交给自民党小组会并基本获得通过。日本政府最快将在本月的内阁会议上敲定,然后着手制定具体政策。

修改方案指出“老年人的体力年龄变得年轻,参与社会的意愿也很强”。并非一直以来的由劳动人口支撑老年人的格局,而是力争“改变根据年龄段一刀切的做法,实现全年龄人口都能根据自身意愿大显身手的不老(Ageless)社会”。

开始领取公共养老金的年龄目前原则上是65岁,但若本人提出申请,也可在60至70岁之间进行选择。其机制是如果推迟开始领取的时间,则每月的领取额会有增加。厚生劳动省打算把该机制扩大至“超过70岁后”,将开始讨论制度设计,力争2020年内完成修法。

在就业方面,日本政府计划在公共职业介绍所开设终身工作支援窗口,促进老年人再就业。此外,还通过日本政策金融公库的贷款等扶持创业,目标是到2020年将60至64岁的就业率提高至67%(2016年为63.6%)。

为了把健康寿命(2013年的数据是男性71.19岁,女性74.21岁)到2025年均提高2岁以上,修改方案提出要推进健康促进和护理预防工作。此外还写入了防止老年人被社会孤立的城市建设、老年司机对策、保护认知能力下降的老年投资者等内容。

(来源:中国新闻网)

 

 

日本政府は65歳の高齢者標準を見直す  エイジレス社会を目指す

 

2018-01-19 06:55:02  出所:アジアパシフィックデイリーニュース

日本政府は今月17日高齢者施策の指針となる「高齢社会対策大綱案」をまとめた。この大綱案で初めて「65歳以上を一律に『高齢者』と見る一般的な傾向は、現状に照らせばもはや現実的なものではなくなりつつある」と指摘した。これからは今までの政策より柔軟なものになるだろう。



画像引用元:http://cn.apdnews.com/toutiao/816748.html

 

この前、日本の東京都巣鴨区の高齢者は木製ダンベルを持ちながら広場ダンスをすることで敬老の日のお祝い事として健康活動のキャンペーンをした。

見直し案はまた、公的年金の受給開始時期を、七十歳を超えてから受け取ることも選択できるようにするほか、高齢者の就労促進も打ち出した。少子高齢化や人口減少が急速に進むにつれて、働く環境や社会保障制度を整え、高齢者にも社会の担い手になってもらう狙いがある。

報道によると、「高齢社会対策大綱」の見直しは約五年ぶりという。当日、自民党の部会に提出され、大筋で了承された。政府は月内にも閣議で決定し、具体的な施策作りを始める。

見直し案は「高齢者の体力年齢は若くなり、社会との関わりを持つ意欲も高い」と指摘した。現役世代が高齢者を支える従来の構図ではなく、「年齢区分による画一的なやり方を見直し、全ての年代の人が希望に応じて活躍できるエイジレス社会を目指す」とした。

目下、公的年金の受給開始年齢は原則65歳であるが、本人が申し出れば60歳から70歳までの間で選択できる。開始時期を遅らせれば、毎月の受給額は増加することになる。厚生労働省はこのシステムを「70歳を超えた後」に広げる方向で、制度設計の議論を開始する。2020年中の修正完了を目指す。

就職活動において、日本政府はハローワークに生涯現役支援窓口を設置し、高齢者の再就職を推進する予定だ。その他、日本政策金融公庫の融資などで起業を支持し、2020年に60歳から64歳までの就業率を67%に高めることを目標としている。

健康に暮らす寿命(2013年のデータで男性は71.19歳、女性74.12歳)を2025年までにそれぞれ2歳以上引き上げるために、健康と介護や病気の予防治療(若干不自然でしたので文脈から意味を補いました)を推進する。他に、高齢者が社会から孤立されるのを防ぐ町づくり、高齢者ドライバー対策、認知能力が低下した高齢投資者などの保護も書き込んだ。

(出所:中国新聞網)

 

記事引用元:http://cn.apdnews.com/toutiao/816748.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください