日本語通訳のポイント

LINEで送る

日本語通訳のポイント

 

現在日本語を学ぶ中国の若者がますます多くなり、多くの日本語勉強者は日本語を趣味にするだけでなく、仕事にするつもりと思っている。その中、通訳者にするつもり人も多い。しかし、日本語に関する仕事の中に、通訳は最も難しく、ストレスも多い仕事だと思う。

この前、私は通訳の仕事を受けた。初めての通訳仕事なので、そわそわして通訳する時も緊張で、結局うまくできなかった。しかし、この仕事を通じ、通訳のことをより深く理解した。だから、うまく日本語通訳をできるように、通訳のポイントをちゃんと理解しなければならない。

 

画像引用元:https://v.paixin.com/photocopyright/136543228

 

言語

言語は通訳者にとって最も基礎の能力なのである。相手の話を聞く時も言語転換をする時も、語彙、文法などが分からないと、正確に聞き取ることはできなく、間違い情報を伝える可能性もある。

だから、言語の総合能力を高め、基礎の語彙、文法などを身につけることこそ通訳の第一歩なのである。そして、中国語を日本語を転換する時、難しい日本語を使わなく、できるだけ簡単な言葉で話す。或は対応の日本語単語を分からない時、説明的な、分かりやすい言葉を使うほうがいいと思う。

知識

通訳の時、時々ある領域の専門用語が出てくる。国際会議で通訳するプロの通訳者は、よく政治、経済、文化、法律、歴史などの専門用語に出会うので、このような専門用語をわからなければならない。だから、事前に資料を調べ、この領域の知識を積み重ねるのはとても重要なのである。

日本語の知識だけでなく、普段は国内外のニュースを見て、最新の情報を知ることも訳者に対して必要な能力なのである。情報を知ることより重要なのは、通訳の時に情報の運用することである。運用できないと、通訳もうまくできない。

記憶

日本人と話す時、一つ、二つの単語、言葉を気を配って、無意識にほかの言葉を無視し、結局ただ一つ、二つの単語、言葉を覚えて、相手の言葉を完全に伝えないという状況もある。通訳する時、このような状況もある。ある重要な言葉、或は通訳しにくい言葉が出てくると、私たちは無意識にこの言葉を気をつけ、「ちゃんと注意しなければならない」と心で自分に言うのである。すると、ほかの言葉を気を配る余裕がない。

このような状況を免れるために、ある言葉を気をつけすぎなく、相手の話を聞いて、ちゃんと理解した後、あらすじを通訳する。人の記憶力は有限なので、詳しすぎる通訳のはたぶん無理だと思う。相手の話を総括して通訳するのは一番効率的だと思っている。

 

心理

 

画像引用元:http://www.tukuchina.cn/r/photo/view/id/1082432632/

 

通訳する時、緊張すぎれば、流暢に相手の話を伝えなく、聞き手に対して聞き取りにくいかもしれなく、会議、商談もうまくいかない。通訳者は会議、商談で重要な役割を担うので、通訳の時いろんな状況にうまく応対するために、まずストレスにの対抗能力を強めなければならない。よりよい状態での通訳こそ、よりよい効果が出てくる。

以上は日本語通訳のポイントである。しかし、このポイントを知るだけでは足りない。普段はちゃんと練習し、実戦で経験を積み重ねた後こそ、本当の通訳者になれる前提なのである。

 

資料引用元:

https://www.hujiang.com/c/tscyy/p1122251/

https://wenku.baidu.com/view/ab5d9c7a02020740be1e9bfe.html

 

筆者:李泳琳

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください