日本2018年度のAI関連予算は中米の二割にも満たない 日本メディア:政府は投入する金が無いため

LINEで送る

日本2018年度AI相关预算不及中美两成 日媒:政府没钱投入闹得

 

2018-02-25 12:00:00 来源:亚太日报

日本政府2018年度预算案中人工智能(AI)相关预算总额为770.4亿日元(约合人民币46亿元),这一数字还不到率先展开研发的美国和中国的两成。因财政方面的制约,在AI领域仍处于劣势日本若照此下去,将可能被甩在后面。

据日本共同社2月25日报道,尽管与上年度相比增加3成,日本政府创下再AI领域的预算新高,但因财政方面的制约仍处于劣势。民间投资方面的差距更大。

尽管由于统计方法不同无法一概进行比较,但日本文部科学省的最新统计显示,美国政府预算额是日本的6倍多,达5000亿日元;中国也是日本的5倍多,为4500亿日元。

日本2018年度政府预算案从各省来看,经济产业省为机器人核心技术、面向新一代计算机的AI芯片开发等计入393亿日元,厚生劳动省为利用医疗数据及药物开发计入196亿日元,文科省为理化学研究所的基础研究及人才培养等计入115亿日元。除整体统计的数额之外,内阁府还确保了总计555亿日元预算广泛用于战略性研究开发,其中一部分计划用于AI相关领域。

报道说,在财政状况严峻的情况下,能否将有限的财源重点投资于优势领域、吸引民间资金将是今后的关键。经产省高层认为,要在美国企业拥有压倒性优势的互联网领域反攻已十分困难,关于日本的战略称“将在提高制造业的生产效率以及保健领域寻找出路”。

(来源:环球网)

 

 

日本2018年度のAI関連予算は中米の二割にも満たない 日本メディア:政府は投入する金が無いため

 

2018-02-25 12:00:00 出所:アジアパシフィックディリーニュース

日本政府の2018年度の予算案では、人工知能(AI)関連予算総額は770.4億円(約46億元)であり、この数字は率先的に研究開発を展開するアメリカと中国の二割にも満たない。財政面の制限で、AI領域ではまだ劣勢の中に身を置く日本はこのままでは、遅れをとってしまう可能性がある。

日本共同社の2月25日の報道によると、前年度より3割増加し日本政府はAI領域での予算の最高記録を作ったが、財政面の制限の為に未だ劣勢の中に身を置く。民間投資面の差はそれより更に大きい。

統計方法が異なるため一概に比べることができないが、日本文部科学省の最新の統計によると、アメリカ政府の予算額は日本の6倍以上で、5000億円に達している;中国も日本の5倍以上で、4500億円である。 

日本2018年度の政府予算案は各省でみれば、経済産業省はロボット核心技術、新生代のコンピューターに向けてのAIチップの開発などに393億円を計上し、厚生労働省は医療データの利用及び薬物の開発に196億円を計上し、文科省は理化学研究所の基礎研究及び人材育成などに115億円計上する。全体統計する金額以外には、内閣府は総計555億円の予算を確保し、戦略性研究開発に多方面で応用し、その中の一部はAI関連の領域に投入する計画だ。

報道によると、厳しい財政状況の下で、有限の財源を重点的に優勢領域に投資できるか、民間資金を引き付けられるかということは今後のキーポイントである。経産省の上層は、アメリカ企業が圧倒的な優勢を誇るインターネット領域で攻めに転ずることは難しいと考えており、日本の戦略については「製造業の生産効率の向上と保健領域で発展の前途を見出す見込みだ」と表した。

(出所:環球ネット)

 

記事引用元:http://cn.apdnews.com/world/822966.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください