最近思うこと46(11)

LINEで送る

(昨日の続きより)

話を戻しますが、深センは40年前は何も無かったと言っていいほど貧しい漁村でした。というより、私の理解では、実際に漁村があったのは郊外の方であって、今の市内と呼ばれるところには、羅湖を除いてほとんど人も住んでいなかったと思われます。

いずれにせよ、北海道やアメリカのように、他から移民として深センに来た人たちが今の若者の親世代で、彼らが一所懸命に働いてある程度財を成したことで、その子供たちがあまりお金に苦労せず育ち、結果として好きなことに集中できる。少なくない若者がスタートアップとして起業してすべてをそこにかけられ、その中から有望な企業が生まれる。といった好循環が生まれているのだと思います。

また、生粋の深セン人だけでなく、高校や大学を卒業して、夢見て深センに来る人たちも後を絶たないため、これらが深センの発展を加速させていると思います。

(明日に続く)



鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください