李小龍旧居について

LINEで送る

李小龍の故郷と旧居が一体どこだろうか。これは昔から歴史の課題として歴史愛好者と専門家に夢中に研究されていた。近年、順徳市の政府が二年もかかり、ようやく歴史の謎を解けたようになった。

李小龍旧居は順徳市均安町に位置し、面積は約51.8平方メートルで、中には一部屋、一居間、一キッチン、一天井がある。旧居は李小龍の父から建てられ伝統的な民家だ。部屋の家具が粗末で質素で、居間の壁には千字くらいのブルースリーの生涯紹介についての掛け軸を掛けてある。それに、彼が主演映画の写真も七枚くらい壁に貼ってある。居間には武術を練習する時に使う機材と中国式の祭壇も置いている。天井が相対的に大きく、約20平方メートルで、ここでカンフーを練習することができる。


画像引用元:http://bbs.pcauto.com.cn/topic-2633523.html

 

李小龍は1940年に生まれ、1959年アメリカ定住し、その後はシアトル大学で哲学を専攻し、続々と「基本中国拳法」を出版し、截拳道拳法を創立した。また、彼は国際権威武術雑誌「黒帯」に「世界の七武術家の一人」と称賛された。同時に、「時代」という雑誌には二十世紀の英雄とアイドルだと呼ばれ、その時に唯一の入選できた中国人である。

観光時間は午前9時から午後5時までだ。料金は平日に40元で、週末と祝日には50元である。日頃たくさんの国内外の観光客がわざわざここに来て見学する。あなたが李小龍のファンだったら、ここは見るものがあると思う。

 

梁咏嘉

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...