楽視網:前年赤字116億元で、関連者に受取勘定の貸し倒れとして44億元を計上する

LINEで送る

乐视网:去年净亏116亿,将对关联方应收款计提坏账44亿

 

2018-02-28 09:02:00 来源:亚太日报

乐视网(300104)2月27日晚间发布业绩快报,2017年度亏损116亿元,每股净资产0.61元。

具体来看,乐视网2017年实现营业总收入74.62亿元,较去年同期下降66.06%;营业利润为-157.6亿元,较去年同期下降4569.40%;利润总额-157.4亿元,较去年同期减少4688.90%;归属于上市公司股东的净利润为-116.08亿元,较去年同期减少2192.53%;基本每股收益为-2.9146元,比去年同期减少2151.09%。

乐视网2017年非经常性损益对公司净利润的贡献金额约为-9280.86万元,扣除非经常损益后归属母公司净利润为-115.157亿元。

 

画像引用元:http://m.cn.apdnews.com/business/823451.html

 

乐视网将营业总收入、营业利润、利润总额大幅下降的因素归结为三个方面:

1.报告期内,由于持续受到关联方资金紧张、流动性风波影响,社会舆论持续发酵并不断扩大,对公司声誉和信用度造成较大影响,公司的广告收入、终端收入及会员收入等业务均出现较大幅度的下滑。同时,公司日常运营成本(如CDN 费用、摊提费用等)以及融资成本却不断增加。

2.报告期末,考虑关联方债务风险及可收回性等因素的影响,经初步测算,公司预计将对关联方应收款项计提坏账准备约为44亿元。

3.报告期末,公司管理层出于谨慎性考虑,对无形资产中影视版权、可供出售金融资产等长期资产存在的减值风险进行识别及判断,经初步测算,公司预计将对部分长期资产计提减值准备约35亿元。

乐视网在公告中进一步表示,报告期末总资产余额为2062960.62万元,比期初减少36%,主要系考虑应收账款回收风险计提坏账准备、无形资产等长期资产计提资产减值准备及货币资金余额减少导致总资产下降;报告期末归属于上市公司股东的所有者权益243640.42万元,比期初减少76.17%,主要系本期公司的经营性亏损幅度较大且计提坏账及长期资产减值后导致未分配利润同时下降所致;报告期末股本增加主要系2016年度权益分派方案中每10股转增10股所致;报告期末每股净资产0.61元,比期初减少88.18%,主要系股本增加、归属上市公司股东所有者权益减少所致。

乐视网为贾跃亭创立的一家中国互联网公司,是视频领域跨平台服务提供商,由于资金链危机目前陷入经营困难,而贾跃亭一直滞留于美国。

来源:澎湃新闻

 

 

楽視網:前年赤字116億元で、関連者に受取勘定の貸し倒れとして44億元を計上する

 

2018-02-28 09:02:00 出所:アジアパシフィックデイリーニュース

楽視網(300104)2月27日夜間の売上高決算報告によると、2017年の赤字は166億元で、一株当たりの純資産は0.16元だった。

具体的に見れば、楽視網は2017年の売上高は74億6200万元で、前年同期比より66.06%減少した。営業利益額は-157億6000万元で、前年同期比より4569.40%減少した。総利益額は-157億4000万元で、前年同期比より4688.90%減少した。上場企業株主に属する純利益は-116億800万元で、前年同期比より2192.53%減少した。一株当たり収益は-2.9146元で、前年同期比より2151.09%減少した。

楽視網の2017年の非経常損益は会社の純利益の貢献金額は約-9280万8600元で、非経常損益を控除して、親会社に属する純利益は-115億1570万元である。

 

画像引用元:http://m.cn.apdnews.com/business/823451.html

 

楽視網の総営業売上高、営業利益、利益総額大幅減少の要因を三つの方面に分けると:

1、報告期内、関連者の資金難と流動性風波に持続的に影響された。社会の世論は拡大し続けて、会社の評判と信用度に影響を出して、会社の広告収入や、末端収入や、メンバーシップ収入など業務全体が大幅に減少した。そして、会社日常運営コスト(例えばCDN費用、償却費用など)と融資コストは絶えず増加しつつある。

2、報告期末、関連者債務リスクと可回収性などの要因の影響を考えて初歩予算で、会社は関連者に受取勘定の貸し倒れとして約44億元を計上した。

3、報告期末、会社の管理層は慎重性のため、無形資産の中の映画版権や可販売金融資産などの長期資産における減値リスクを識別及び判断して、初歩予算で、会社はこの部分の長期資産として減値への準備として約35億元を計上した。

楽視網の布告では更に、報告期末の総資産残高は206億2960万6200元で、同期比で36%減少した。これは主に受取勘定回収リスクの貸し倒れへの準備、無形資産などの長期資産減値準備と貨幣資金金額減少のための資産減少の為だ。報告期末上場企業の株主の所有権益は24億3640万4200元で、同期比で76.17%減少した。これは今期会社の経営性損失幅は大きくて、貸し倒れと長期資産減値のための未分配利益が同時に減少したからである。報告期末株式資本の増加は2016年権益分配提案の中で十株あたり十株増加するからである。報告期末の一株当たりの純資産は0.61元で、今期頭と比べ88.18%減少した。これは、株式資本の増加と上場企業の株主の所有権益が減少したからである。

楽視網は賈躍亭氏によって創立された中国のインターネット会社で、ビデオ領域サービスプロバイダである。資金チェーンリスクの運営が困難に陥っているので、賈躍亭氏はずっとアメリカに滞留している。

出所:澎湃新聞

 

記事引用元:http://m.cn.apdnews.com/business/823451.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...