深セン―中山の「水上バス」はバス化運営が実現された

LINEで送る

深セン―中山の「水上バス」はバス化運営が実現された

以前、深センの人は中山に行こうとする時、虎門大橋を利用しますが、道がよく混んでいますので、かなり不便です。去年の8月から、深センは水上バスを運営し始めてから、45分かかれば中山につきます。

水上バスは、許容乗客数量が330人の高速豪華客船を使用します。運航時間は45分くらいで、一日に往来便が4便あります。

今年の11月30日から、深センの空港埠頭から中山の客運埠頭までの往来便は毎日14便に増えました。また、深センの空港埠頭はwechatでチケットを買えるようになりました。今後、中山及び中山近郊の人が深セン空港に行くのも便利になりました。

深センの空港埠頭から中山の客運埠頭までの船便は去年オープンされてから、その便利さで「水上バス」と呼ばれています。

11月30日から、深セン空港の運航時間によりよく合わせるために、一日に4便の往来便を一日に7便に増えて、「バス化」運営が実現されました。

現在、深センの空港埠頭は毎日24便の高速客船が香港の空港とマカオに行ったり来たりします。そのなか、香港への便は一日に8便で、マカオへの便は一日に16便です。

これから、空港埠頭と珠江デルタ地域との関係を深めるために、珠海や南沙などの地域への便も開通すると政府は計画を練っています。「空港+埠頭」という優勢を利用して、深セン空港が重要で総合的な交通の中枢としての機能を生かします。


画像引用元:http://jt.sz.bendibao.com/news/20171218/799701.htm

資料引用元::http://jt.sz.bendibao.com/news/20171218/799701.htm

孔德珩

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK
■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□ http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください