深センについて考える7(2)

LINEで送る

(昨日の続きより)

ということで、同じ深セン視察でも、参加者の要望毎に、つまり、観光ベースと視察ベースで分けて考えたいと思います

まず、ある旅行代理店の担当者から聞いた言葉ですが、

「日本の人は写真が撮れれば満足するんですよ。」

とのことでした。逆に言えば、写真撮影スポットが少ないと満足度が低いということになります。

なんか凄そうだからとりあえず行って見たい。ということであれば、深セン湾イノベーションパークの一番奥にドン!と構えている巨大ビルを見て写真を撮り、雰囲気を感じたいでしょうし、華強北電気街は言わずもがなです。

無人コンビニや深業上城のCEECも体験や深センの勢いを感じるという意味では有益ですし、深セン市博物館や頂上に鄧小平の銅像がある蓮花山などもオススメです。

(明日に続く)



鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください