深センのスマホ修理の状況について

LINEで送る

2013年羊城晩報の調査によると、壊れたら新しく買う人は20%があり、どうしても修理する人は12%があり、修理しても長く使えないなら新しく買う人は48%があり、直しても使わない人は20%がある。つまり、スマホが壊れたら修理する人は60%に達し、修理を選ぶ人は多い。


画像引用元:http://photocdn.sohu.com/20130622/Img379560401.jpg


深センはスマホパーツの天国と言ってもいい。それゆえ、深センのスマホが修理できる場所も多い。一般的に、下記の場所がある。



第一に、正規の修理店である。深センにはiPhone、ソニー、Huaweiなど色々な正規の修理店がある。それらの修理店は正規のパーツを使うので、修理代が高い。



第二に、正規店の短所を補完するために、小さい修理店が出る。深センはこの町その町で小さい修理店があり、便利で価格が安いので、ここで修理する人が多い。しかし、そのような店は一般的に偽物のパーツを使い、技術もこんなに良くないので、直してもまもなく壊れる可能性が高いし、修理出来ない可能である。

第三に、深センは中国でスマホパーツが一番多いところで、華強北のような大型のスマホ修理町もある。本来、華強北はスマホパーツなどの電気に関する製品を売る場所で、そこで修理するなら、どんなパーツでも見つけ、どんなスマホでも修理できる。正規品でも非正規品でもあり、便利だが、修理屋さんの能力が違って、よく修理できない可能性も高い。



第四に、深センは最近「搞机社」というスマホのセルフサービス修理ボックスが出た。ユーザーは壊れたスマホの状況を入力し、スマホを指定されたボックスに入り、連絡を受けた宅配員が来てスマホを修理場所へ運び、2-4時間でスマホの修理を完了したあと、ボックスからスマホを取り出す。


画像引用元:https://glotechtrends.com/wp-content/uploads/2017/11/gaojishe-mobile-repair-ATM-.jpg



記事引用元:

http://roll.sohu.com/20130622/n379560398.shtml

https://glotechtrends.com/gaojishe-mobile-repair-atm-171117/

 

徐潔桃

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください