深センの前海湾保税区の紹介

LINEで送る

深センの前海湾保税区は深セン西部の港区に位置し、南山の西にい、珠江の入り口の東にい、前海湾港の現代サービス業協力区の重要なパトナーである。保税区は「粤港澳(マカオ、香港、広東)一時間生活区の中で、全球有名な深海の港に依存し、近くに二つの国際空港がある。深センの前海湾保税区は2008年10月18日に中国の国務院の許可を通じ、設立し始め、2009年年末にできた。

 





深センの前海湾保税区は面積が3.71平方キロメートルである。国務院の許可の要求により、保税港区は封鎖管理を実施する。ここには港作業区が0.456平方キロメートル、物流園区が0.72平方キロメートル、倉庫が6棟、保税冷蔵庫が1.2平方キロメートルがある。



深センの前海湾保税区は保税港区に関する一シリーズの特別の優遇政策があり、また前海現代サービス業協力区に関する優遇政策がある。したがって、深センの前海湾保税区は中国国内政策が一番優遇、運営コストが一番低い、国際程度が一番高い地区の一つである。保税区は「保税」を中核としての貨物貿易とサービス貿易の機能を含め、主に国際購買、国際配送、国際転送とこれに関連する金融、保険、代理、展示、検査、修理、空便などの貿易をしている。現在は空便、サプライチェーンに関する物流、国際貿易、金融を主に発展している。



画像引用元:http://image.so.com/v?q=%E5%89%8D%E6%B5%B7%E6%B9%BE%E4%BF%9D%E7%A8%8E%E5%8C%BA&src=srp&correct=%E5%89%8D%E6%B5%B7%E6%B9%BE%E4%BF%9D%E7%A8%8E%E5%8C%BA&cmsid=1f95a2035a68ffb07c3f11dd4c260549&cmran=0&cmras=0&cn=0&gn=0&kn=0#q=%E5%89%8D%E6%B5%B7%E6%B9%BE%E4%BF%9D%E7%A8%8E%E5%8C%BA&src=srp&correct=%E5%89%8D%E6%B5%B7%E6%B9%BE%E4%BF%9D%E7%A8%8E%E5%8C%BA&cn=0&gn=0&kn=0&lightboxindex=23&id=9e847104eef18c7bb694e75e6ce9a316&multiple=0&itemindex=0&dataindex=83&prevsn=0&currsn=60&jdx=83&fsn=60&gsrc=1

 

つまり、深センの前海湾保税区は位置によく、政策に恵まれているので、未来の発展が期待に値する。

深センの前海湾保税区の公式サイト:http://www.szqh.gov.cn/ljqh/qhwbsgq/gqgk/

記事引用元:https://baike.so.com/doc/1969403-2084214.html

 

筆者:徐潔桃

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...