深センの埋め立て工事について

LINEで送る

1979年7月8日深セン蛇口は大規模な埋め立て工事を行い、34年を経て海から陸地になった海域が少なくとも69平方キロメートルを超え、6の蛇口半島の面積も上回り、全市海域面積の6.5%を占めている。香港は1860年から埋め立てを始め、今まで埋め立て地の面積は67平方キロメートルがあるが、深センは34年だけかかって香港を乗り越えた。深センの海岸線は254キロメートルですが、今までまだ開発していない自然海岸線が約40キロメートルである。

深センにおける福田保税区は昔から干潟だが、90年代経済開発のために埋め立て工事を行いた。今は高層ビルがたくさん立ち並び、賑やかに栄えている。


画像引用元:http://sz.edushi.com/hy/2-7432.shtml

 

また、浜海大道も埋め立て工事の産物である。



画像引用元:http://www.nipic.com/show/1/49/6608567ke1ada58f.html

 

さらに、広深高速道路の起点も埋め立ての土地におけて建てられた。


画像引用元:http://sg.weibo.com/user/shenzhenfabu/3834729646578177

 

経済の急速な発展につれて、土地の需要が急増していくので、政府は埋め立ての政策を実行することになった。埋め立て地は経済発展により広い空間を提供できる。両者はお互いに促進する役割を果たす。

今後深センも引き続き埋め立て工事を行うようですが、プロジェクトの場所は一体どこに選定だろうか期待されている。

 

梁咏嘉

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください