深センの娯楽センター

LINEで送る

深セン市は香港の新界と接し、経済特区に指定されている。中国屈指の世界都市であり、金融センターとしても重要な機能を果たしている。住民構成の特徴としては移民都市であることがあげられる。だから、ここに異文化交流が盛り上がっている。多様式な文化がそれぞれの輝きを放っておるり、様々な娯楽形式や場所を作り出す。本場中国の娯楽だけだはなく、色々な国の娯楽や運動項目が深センに存在している。


画像引用元:http://www.tuniu.com/entertainment/1982874/


深センは中国の都市だから、中国ならではの娯楽形式がいっぱい持っている。例えば、中国東北地方特有の「劉老根大舞台」は深セン市福田区紅茘西路蓮華三村に支店が開設している。劉老根大舞台劇場の正門は祖母な中国風の銅門で、群衆に向かい、庶民に深く入り込む寓意を持っている紅の百家姓が両側の壁に嵌め込んでいる。劇場に入って、升の真ん中に中国の赤を主題としての漆絵がある。「川は源があり、木は根があり、生活は楽に欠けられなく、伝統は守るべき、発展はオリジナリティーに欠けられなく、300年の二人転はこのように今までに辿り着いた。これこそ、人々は二人転が大好きだ。」という趙本山の自筆の書法が絵の上に書いてある。中国の文化に興味がある人は絶対に来るべきだ。


画像引用元:www.tuniu.com/entertainment/2017355/

ヨットは欧米で流行っている娯楽形式であるが、沿海地方の深センは多様の文化を吸収するとき、浪騎ヨットクラブのような娯楽場所も湧き出してきた。浪騎ヨットクラブは中国の最も美しい八大海域に褒められる大亜湾に位する深セン市南澳の大鵬半島で解説している。ヨットが好きな人は浪騎ヨットクラブへヨット遊びに行こう。


画像引用元:http://pic.sogou.com/d?query=%BB%AC%B1%F9&mode=1&did=55#did54

沿海の深センは亜熱帯に位するので、暑さに弱い人は戸外運動が嫌いかもしれない。それも大丈夫だよ。深セン市華僑城益田ホリデー広場に、全明星スケートクラブがある。このクラブは劇場式で真のアースが整え、氷面上五階の高さがあり、運動・休憩・娯楽・鑑賞を一体化する。敷地面積は1500平方メートルで、氷面の面積は900平方メートルである。このクラブは国際標準の設備が整え、プロの管理チームとコーチグループを有し、スケートの愛好者に最高のサービスを提供できる。

 

張鴻浩

 

記事引用元:www.tuniu.com/entertainment/1982874/https://baike.sogou.com/v6810.htm?fromTitle=%E6%B7%B1%E5%9C%B3

      www.tuniu.com/entertainment/2017355/www.tuniu.com/entertainment/2027571/

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください