深セン大芬油絵村

LINEで送る

深セン布吉の大芬油絵村は、もともと目立たないの客家人居住していたの村である。敷地面積は0 . 4平方キロメートル、この村の先住住民350人余りがある。元々農村だった所であり、名称こそ村であるが、近年の深圳のスプロール現象に取り込まれて田畑は無くなり、市街地の一角となっている。

1980年代、黄江という香港の画商が少数の職人と共に、ここに工房を開き、急成長する香港、深センの各地に向けて複製画を売り始めた。より多くの画家、画工が大芬村に集めるに従って、「大芬油絵」は国内外の有名な文化ブランドになった。1998年から区、町の2級政府は大芬油絵村の環境を改造し、絵画市場を規範と案内し、同時に宣伝して、大芬油絵村が独特の文化産業としてブランドを建設する。2004年11月、大芬油絵村は国家文化部に「文化産業模範単位」と命名された。

 

画像引用元:https://p1.ssl.qhmsg.com/t013a6eb621305d83a2.jpg

 

臨模、複製からスタート、徐々にオリジナルの力を入れる。大芬村は油絵レプリカ芸術生産から村として、油絵コピー芸術が大芬美術産業の重要支えになる。調査によると、オリジナルの油絵は大芬が2~3割を占めて、大量生産の商業油絵が7~8割を占める。大芬の美術産業の持続的発展を促進するために、竜崗区と布吉街はオリジナル油絵をサポートすることを注意して、企業の独自の知的財産権を持ちている芸術品の開発を導く。

 


画像引用元:https://p1.ssl.qhmsg.com/t01b3c0ec74f6d8bb80.jpg

 

油絵を主として、中国画、書道と他の工芸品は副としている。大芬油絵村は油絵のほかに、他の芸術部門の経営も含め、例えば中国画、書道、彫刻、刺繍、蒔絵、七宝焼などもある。全体の776店舗に、油絵を経営しているのは583店舗があって、中国画、書道の作品と販売に従事しているのは53店舗があって、額縁、絵の具など関連製品の経営に従事してのは73家、工芸、彫刻、刺繍、装飾、喷绘や書画の育成訓練に従事してのは67家共有している。

 

画像引用元:

http://blogcache1.artron.net/act/20140807/348720/c2a45e576f34a18385f273bb3a206a32.jpg

 

国内需要のほか、輸出用の油絵の卸売を行う地域として知られる。油絵の販売は欧米やアフリカをはじめ、世界中に及ぶ。特に複製画では世界市場の6割のシェアを占めている。生活水準と鑑賞水準の向上につれて、国内のより多くの住民が油絵で家を美化することを受け入れた。特に国内のいくつかのホテルは油絵で室内装飾を行うことはだんだんファッションになりつつある。国内販売は、大芬の油絵販売割合においても大きな傾向が出ている。

 

張婷婷

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください