珠江デルタの地下鉄新時代

LINEで送る

多くの人にとって、広州で仕事をし、仏山、中山、東莞で家を買い、「双城」の生活を送っていることが常態になっている。それで、都市間地下鉄の出現は、人々の出勤と旅の問題を解決するとともに、都市群の融合を加速させた。

その上、2010年に、広州に全国初の「広仏線」という都市間地下鉄を開通した後、都市間地下鉄都市間地下鉄の発展はうなぎのぼってきた。

 

画像引用元:https://www.sohu.com/a/232644511_413535

 

記事によると、広州地下鉄の18号線は2018年5月11日に着工されたという。それは全長が62.7キロであり、広州東駅、洗村、琶洲西区、石榴崗、沙渓、南村万博、番禺広場、横瀝、万傾沙の9駅がある。18号線が開通すると、それは広州に規格が一番な地下鉄路線となり、珠江デルタの最も長い地下鉄路線となる。

中山は広州地下鉄の18号線と接続するというアイデアを提出した最初の都市である。次には、清遠、珠海、東莞及び恵州が広州地下鉄と接続するアイデアを出た。

 

画像引用元:https://www.sohu.com/a/232644511_413535

 

画像引用元:https://www.sohu.com/a/232644511_413535

 

つまり、珠海、清遠、東莞、中山が広州地下鉄と接続し、都市間地下鉄を設置することは、広州の都市鉄道網が「北の門」、「東の門」と「南の門」を開くことを意味している。また、既存の西への広仏線の地下鉄を加え、広州鉄道網は南東西北の4つの方向に全面的に開放しており、地域的鉄道網の「中枢」になっている。

 

資料引用元:

https://www.sohu.com/a/232644511_413535

https://zh.news.fang.com/open/28558121.html

 

筆者:孔靖茵

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください