祖廟と嶺南天地 後編

LINEで送る

香港華南地区名所案内リポート 第2回

~祖廟と嶺南天地を歩く~

 

前回は祖廟と嶺南天地までの行き方についてご紹介しましたので、今回は実際に歩いたナマの情報をお伝えします。

 

1.嶺南天地

 

まず、前回の最後にご紹介した酒屋を左手に見ながらそのまま真っ直ぐ進むと、右手側に香港系の「CRYSTAL JADE拉麺小籠包」というお店が見えます。大きな看板がありますし、そのお店を起点にT字路になっているので簡単にわかると思います。食事時は混んでいる人気店です。

このお店は他店と比べると少し割高ですが、その名の通り、麺と小籠包が美味しいお店です。ここでは紙面の関係上、面白い4色の小籠包のみご紹介します。

 


特色のある4色の小籠包。ちなみに、小籠包は下手に噛むと、ブシュッと熱いスープが飛び散って火傷しそうになりますのでご注意ください。

 

上記お店の他にも、様々な飲食店、お土産物を売るお店、スタバをはじめとする含めたコーヒーショップがあります。普通に歩くだけでも1~2時間かかりますので、週末に恋人や家族とちょこっと出かけるにはもってこいの場所です。いくつか写真を載せますが、あとはぜひご自身の足で確認してください。行って損が無いことは保証します!

 

なぜかアナ雪をモチーフにして氷の王国(アトラクション)がありました。暑い日でしたので、一旦極寒の世界に身を投じたくなりましたが、代わりに冷房が効いたカフェで休むことにしました。

 

2.祖廟

 

祖廟は、広州と仏山とをつなぐ地下鉄「広佛線」の駅名となっておりますが、ここは仏山市のみならず、全国的にも有名な名所です。祖廟駅のD出口を出た後、北へまっすぐ進むと右手側に正面出入口があります。

また、嶺南天地の西側から小さな道路を挟んで裏口がありますので、そこから中へ入ることもできます。正面でも裏口でも数十元の入場料が取られます。

中は昔ながらの伝統的建築の宝庫ですが、北側の一角では、午前1回、午後2回の計3回の表演(獅子舞のパフォーマンス)がありますので、これはぜひご覧になることをオススメします。

 

この獅子舞の中には2人が入っています。この獅子舞の空中闊歩は圧巻です。これを見るだけでも来る価値があります。

 

祖廟は孔子廟ですので、ちゃんと孔子に関するエリアもあります。

 

こちらは近くのビルから祖廟全体を見た写真です。

 

今回ご紹介した嶺南天地と祖廟はぜひセットで見て回ってください。デートや家族サービスなら半日~1日は潰せると思います。祖廟と嶺南天地は、昔ながらの中国に触れることができる貴重な名所スポットです。

 

では、また気が向いたら香港華南地区の名所をご案内致します。

 

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・トレーディング代表:www.ideaport.com.hk)

 

※本記事の写真はすべてリポーターが撮影した写真です。本記事の目的は名所旧跡の存在を周知することであり、内容の真偽に関しては責任を負いかねます。本記事が提供する情報につきましては、読者自身のご判断によりご活用ください。

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK
■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□ http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください