秋風とともに吹いてくるいい匂い――煲仔飯(バオザイファン)

LINEで送る

広州はもう秋の風を吹き始め、少々涼しくなった。なんとなく暖かいものを食べたいのだ。こういう時、煲仔飯(バオザイファン)の味を思い出した。

煲仔飯(バオザイファン)は「瓦鍋飯」とも呼ばれ、土鍋で米と肉を炊く料理であり、広州で生まれたものである。

オーダーしたあと作るので、食べる時もまだ冷たくない。しかし、煲仔飯はただ米と肉を一緒に炊くこういう簡単なことではない。まず生米を炊き、そろそろできる時、肉を入ってまた一緒に炊く必要がある。そして、火加減のコントロールに厳しい要求する。

 

煲仔飯

撮影:黄燕

 

ゆえに、煲仔飯の魅力は二つのところがあると思う。一つは肉の汁を吸収し、土鍋で炊くご飯であり、もう一つは焦げ飯なのだ。土鍋で炊くご飯はもっと香りが強く、しかも歯ざわりもよく、さらに肉の汁を吸収し、すごくおいしいと思う。火加減がいい場合も、焦げの部分もおいしく、歯ざわりがカザカザするが、肉と一緒に食べると、なかなか別の風味がある。

ちなみに、私が最も好きな煲仔飯は腸詰め煲仔飯である。広州には、腸詰めは秋の代表の一つである。ご飯は腸詰めの油を吸収し、匂いがもっとよくなり、味もおいしくなる。そして、腸詰めも脂っこい感じを減少できる。このおいしさは、まさに広州の秋の味と思う。

 

腸詰め煲仔飯

撮影:黄燕

 

煲仔飯の調理は簡単で見えるが、実は注意すべきところは多い。料理人は経験がないと、美味しい煲仔飯が作れない。今日の風、煲仔飯の匂いがあるようだ。

 

参考サイト:https://baike.baidu.com/item/%E7%85%B2%E4%BB%94%E9%A5%AD/6013357?fr=aladdin

 

筆者:黄燕

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください