簡単と見えるが、実は粥自体がそのポイントなのだ!――「生滾粥」(しょうコンジュク)

LINEで送る

広州食ルポ その四十九

〜広州軽食 生滾粥

 

「生滾粥」(しょうコンジュク)とは、あらかじめ煮った白粥に生の肉材料を加えて一緒に煮って沸かした後の料理であり、一種類の粥の総称であり、広東広州での有名な伝統的な料理の一つなのだ。

「生滾粥」の「滾」は一つの調理法であり、材料を沸いた流動物に入れ、材料が煮え上がるばかりですぐに火を小さくなり、または火を消すという方法である。そのため、「生滾粥」の肉が柔らかくなるとともに、肉の味もそのままに保留できる。

 

生滾粥

撮影:黄燕

 

でも、普通の粥と最も違うポイントは粥自体なのだ。普通の場合では、米と水が完全に融合するように、米の元々の形が見えない程度になるために、ピータンと一緒に煮り、または事前に塩で米を付けるが、それでも2時間以上煮る必要がある。ですので、食べると、すごく口に入りやすい、液体に近いと思う。一方では、もし味が少々薄いと感じると、粥で少しだけコショウをつけてもよいと思う。

普通の粥はこの作り方で作ると、異なる食感がある。それゆえ、「生滾粥」の粥も毎店自分の特色の一つである。

 

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E7%94%9F%E6%BB%9A%E7%B2%A5/6860778?fr=aladdin

https://www.haocai777.com/Article/ruchu/6979.html

http://www.7y7.com/jiankang/95/380195.html

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1578953924946267046&wfr=spider&for=pc

 

筆者:黄燕

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください