経済特区だけある優位性

LINEで送る

改革開放に発展するとめに、鄧小平主席は八十年代に始めて深センを「経済特区」に名乗った。経済特区はいわば世界自由港の主な形式の1つである。関税を減免するなどの優遇措置を手段として、良好な投資環境を創造し、外国投資を励し、先進技術と科学管理方法を導入し、特区における国の経済と技術の発展を促進する目的である。経済特区は特殊な経済政策を実行し、柔軟な経済措置と特殊な経済管理体制を実行し、また、外向型経済の発展を目指している。

 

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/经济特区/508091?fr=aladdin

 

現在、中国の経済特区は5つある。1977年7月、中国共産党中央、国務院は広東省の深セン、珠海、スワトウ市と福建省の廈門市で輸出特区を試すことに同意した。1980年5月、中国共産党中央と国務院は、深セン、珠海、スワトウ、アモイという4つの輸出特区を経済特区と改称することを決定した。1988年4月、海南経済特区を設立した。

特徴的に言えば、経済特区は我が国が特殊な政策と柔軟な措置をとって外部の資金を引きつけ、特に外国資金の開発建設を行う特殊な経済領域である。機能的に言えば、経済特区はわが国の改革開放と近代化建設の窓口、排頭兵と試験場である。これは経済特区の特殊な政策、特殊な体制、特殊な発展の道に対する概括と総括であり、経済特区が担う歴史的使命と実作用の概括と総括である。

 

画像引用元:http://baijiahao.baidu.com/s?id=1598921590068610625&wfr=spider&for=pc

 

経済特区の優位性は様々だけど、総合的には以下の点がある。まずは自国の対外貿易を拡大すること。経済特区は主に沿海地区なので、海外への貿易を得る機会が多い。次はより多くの海外資金、技術、管理経験を導入すること。海外からの人材、資金、技術も他の所より早い。あと、就職の機会を増やし、社会的就業を拡大すること。経済特区には様々な企業があり、就職機会も増やしていく。また、地域の経済発展と経済開発のスピードを速め、新たな産業構造と社会経済結び目を形成し、全国の経済発展に対する吸収と放射作用を作る。最後、より多くの土地を獲得し、売却、譲渡、レンタル収益を得る。

経済特区はまた色々な可能性がある。その見込みは期待している。

 

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/经济特区/508091?fr=aladdin

https://zhidao.baidu.com/question/359550703.html

https://iask.sina.com.cn/b/Oj7vUugMP8j.html

 

筆者:廖冬妮

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください