美観からみると、深センの高層ビルを評価

LINEで送る

現代、高層ビルはもう中国で大都市の新たな象徴として発展している。深センもその中で典型的な例の一つになった。中国改革開放以来、深センの高層ビルは素早く発展してきた。その数量も高さも日増しに増えていく。すると、深センは昔の小町から有名な現代大都市へと変化して、高層ビルの分野でも著しい成績をもたらした。

しかし、なんと深センの高層ビルは美観からみると、そんな素晴らしくてはないと思っているのか。以下はいくつかの原因から分析する。

まず、地形上の不便だ。深セン市内は狭くて長い地形で、南は海で、北は山で、中は広い川がなく、無秩序で市内の建物の密度が大きくて距離も近すぎるので、集中の都市風景ラインはないのだ。

次に、実用性を重視すぎて、美観性は無視している。効率を一番に大事している深センの建築会社は、実用性があれば、深さはなくても大丈夫だという考え方で、美観性はどうなるか明らかにしている。

最後に、文化の雰囲気は不足だ。都市発展の歴史からみると、どの大都市も長引いて発展してきたはずだ。深センは30年の改革開放で大都市までになるのは奇跡だと言えるが、その発展途中、建築のスタイルは同一できなく、美観からみるとおかしいと思うのはもちろんのことだ。

それにしても、深センはまだどんどん発展していく。それらの問題は、政府の都市用地の計画によって変わるのではないだろうか。

 

画像引用元:

https://www.zhihu.com/question/47498403/answer/106614193

 

参考サイト:

https://www.zhihu.com/question/47498403/answer/106614193

https://www.zhihu.com/question/47498403/answer/106614193

 

馮倩渓

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください