華強北の電気街 後編

LINEで送る

香港華南地区問屋街リポート 第2回

~華強北の電気街で仕入れをする場合の注意点~

 

これは華強北の電気街で仕入れをする場合に限りませんが、中国で購買する場合の注意点として、日本と大きく違うのは、日本では不良品とされる部品も普通に売られていることです。

日本の場合は、基本的に、一定の水準に達した部品しか市場に出回らないのですが、中国の場合は、日本では不合格とみなされる製品であっても、たとえば、「Aランクの製品の部品としては使えないが、BやCランクの製品の部品としては問題ない。」という理由で、普通に市場に出回ってしまいます。

もっといえば、粘り強く探す根気さえあれば、最低品質の部品から最高品質の部品まであらゆるものを購入できるのも中国仕入れの面白いところです。

 


華強北で売られているドローン。

中国では「無人機(wu2 ren2 ji1)」と呼ばれています。

 

知り合いの日本人商社マンいわく、その会社は主にコンデンサやトランジスタなどの電子部品を扱っているのですが、華強北に星の数ほどあるお店の中で、本当に信頼できるお店は2~3店舗だけと言っておりました。しかも、それもその時の在庫次第でもありますので、ある信頼できるお店を見つけたからと言って、そのお店が未来永劫信頼できるかどうかは不明とのことです。

ですので、彼らのようなプロであっても、華北路で購入するのは試作品で、量産する場合はちゃんとメーカーから仕入れるそうです。だったら初めからメーカーから仕入れればいいのでは?と思いますが、そのメーカーを探すのも簡単ではありません。

前述の商社マンは、ある部品を仕入れるためにある展示会場で同僚と一緒に2時間以上断られ続け、ようやく仕入れ先を見つけたので、その仕入れ先を紹介してくれと言われても簡単には教えないと言っていました。

また、中国では通常、最低ロットが桁違いですので、みなさんもこのような問屋街をうまく活用してビジネスを進めていただきたいです。

 

では、華強北の主な建物をご紹介します。

 

1.華強電子世界


華強電子世界は、地下鉄「華強路」A出口を出てすぐのところに位置しています。

ノートパソコン、パソコン関連機器、電子部品、電気部品がフロアごとに分かれて売られています。

 


これはその一例です。

 

2.賽格電子市場


賽格電子市場は、華強電子世界から、華強北のメインストリートを挟んだ向かい側にあります。

 


こちらも華強電子世界と同じように複数のフロアに分かれていますが、こちらの方が新しくてスッキリしています。

 

3.賽格通信


賽格電子市場から地下鉄「華強北」駅へ向かってずっと伸びている建物です。

 


スマホ関係の商品を中心に、お店がひしめき合っています。

 


モンスターボール型の充電器が売られていました。モノによりますが、1個45元~55元。卸のロット数は比較的フレキシブルに対応してくれるようです。

ちなみに、お店の子がこれはだいぶ前に出たと言っていたので、7月のポケモンGoブームの前にもうあったのかと思ったところ、8月に出たと言っていました。彼女からすると、1か月前は随分昔のことであるそうです。そういう場所なのですねここは。

 

4.華強珠宝世界


この写真の右手側には、前編で紹介した華強広場酒店(HUAQIANG PLAZA HOTEL)があります。

 


その中の5階~6階に華強LED創展中心があります。昨年の7月にここを訪れた時は、PSEに対応している店舗が一つだけありました。もちろん、すべてのお店の人に尋ねたわけではありませんので、もっとあるかもしれません。

 


ここも中が吹き抜けになっています。

 

次回は広州の問屋街をリポートします。

 

問屋街オタク

鈴木陽介

 

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・トレーディング代表:www.ideaport.com.hk)

 

※本記事の写真はすべてリポーターが撮影した写真です。本記事の目的は問屋街の存在を周知することであり、内容の真偽に関しては責任を負いかねます。本記事が提供する情報につきましては、読者自身のご判断によりご活用ください。

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK
■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□ http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください