華陽自動化会社羅松柏:スマート製造へ

LINEで送る

【演讲】华阳自动化罗松柏:产线智能制造的方向

 

2018-12-20 09:29 • 高工机器人网 

【文/千千】12月18日,在由高工机器人、高工产研联合举办的利元亨·2018高工机器人年会暨阿童木机器人·高工金球奖颁奖典礼”上,华阳自动化技术总监罗松柏做了题为《产线智能制造“路在何方”》的主题演讲。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65704-.html

 

首先我国的智能制造的装配呈现较快的增长,2017年我国工业机器人的产量达到了13.1万套,同比增长了51%,在未来的3年可能增长率会达到22%。

罗松柏讲到:“针对于此,目前国内的市场面临的新层次挑战,首先我们国家在工业基础这一块很薄弱,模式成熟度低,未建立完善的行业体系标准,还没有一个统一的标准,一流的企业做标准,二流的企业做制造。这是机器人行业应该注意的一点。”

在未来人工智能与制造业的融合是智能制造发展的未来趋势。从2000—2016年,美国新增人工智能企业将近有3033家,占全球人工智能总数的37.4%,位列第一。2000—2016年,中国人工智能的企业数积累增长1477家,其中2014—2016年这三年是中国人工智能发展最为迅速的时期,在这三年里新增的人工智能企业数占累积总数的55.4%。

智能制造方面,工业物联网是实现深度数据挖掘的基础,再一个就是大数据和云计算的应用深度决定了智能制造的水平,现在商用5G的技术为工业物联网铺平了道路。

最后罗松柏从华阳自身出发告诉大家:“我们自动化的过程是先从半自动单机再到自动单机,然后是自动组合通讯,再一个是自动线体的联动通讯,就是说这个时候要搜集一些简单的数据,比如说产线的不良率,还有物料的一些管控,在这方面要搜集这些数据。”

“现在发展到的自动生产线及信息传送管理,它要与企业ERP去关联,去存储这些数据,以供这些管理者做一个良性的判断,现在我们的客户已经要求到工厂生产智能化,从进料到出货,整个生产过程的一个管控。”

智能制造的实现其实很简单,第一个是识别与传感,第二个是人机交互系统,第三个是控制系统,第四个是增材制造,第五个是工业机器人,第六个是设备,通过这六个方面就能做出一个智能的系统出来。在这方面关键是人才与核心技术的储备,人才与技术这是智能制造的一个根本,只有有了核心技术,再加上配有相应的人才,在产生智能制造这一块肯定能发展下去,越走越好。

 

 

華陽自動化会社羅松柏:スマート製造へ

 

出所:高工ロボットネット    発表時間: 2018-12-20 09:29

 【文/千千】12月18日、高工ロボットネットが高工産業研究センターと提携し、共同で主催する「2018年高工ロボット年会アトム・高工ゴールデングローブ賞授賞式」で、華陽自動化会社の技術開発の担当者の羅松柏氏は「スマート製造の行き先は」をテーマとして、講演した。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65704-.html

 

現在、中国のスマート技術はハイスピードで発展していくとみられる。2017年中国の工業向けのロボットの生産量は13.1万セットとなり、前年比で51%増加した。この先の三年、成長率は22%に達する可能性が高いと思われる。

「これに対して、国内の市場は次のステージにある新しい挑戦に臨んでいます。現在我が国は工業基盤がまだ固まっていなくて、製造パターンは未熟であり、業界で完全なシステムが整っていないので、統一の基準もありません。一流企業は基準を作って、二流企業はただ製造しているだけです。これこそロボット製造業界の注意すべきところです。

人工知能が製造業に応用することはこの先の傾向と言えます。2000—2016年、アメリカでは人工知能企業は3033社まで増加し、世界の人工知能の37.4%を占め、世界1位になりました。2000—2016年、中国では人工知能企業は1477社まで増加しました。この中で、2014—2016年の3年間は中国の人工知能が最も急速に発展した時期で、新しく生産されたロボットは業界の55.4%を占めています。

スマート製造方面においては、工業IoTが高度なデータを利用して、様々なデータを発掘することを実現しました。また、ビッグデータとクラウドコンピューティングの利用はスマート製造のレベルを決めました。ビジネス用5G技術は工業IoTの道を開拓しました。

私たちの工業自動化という概念を具体的に言えば、最初は、半自動機器を自動機器にし、その後自動複合通信にします。もう一つは自動ラインの連動通信、つまりこの時必要なのはいくつかの簡単なデータを集めることです。例えば、生産ラインの不良率や、原材料の管理など、この方面で必要なのはこれらのデータを収集することです。

現在、工業は自動的生産ラインをもち、生産情報が自動的に伝わる段階になりました。企業のERPと繋がることも要求されていて、データをストックし、これらの管理者に適切な判断を与えることで、現在私たちの顧客は既に工場生産のスマート化を要求するまでとなり、工業素材の仕入れから、製品の積み出すことまで、全ての生産過程をコントロールしやすくなっています。

スマート製造の実現はとても簡単で、以下のポイントがあります。一つ目は音や光や温度など、対象となる物理量を検知、識別し、処理しやすい信号に変換することです。二つ目は人間と機械の間の伝達を行うことです。三つ目はロボットのコントロールシステムです。四つ目は素材の開発と更新です。五つ目は工業用のロボットの整備です。六つ目は設備です。これら六つ全て揃って、スマートシステムが完成できるようになります。さらに、人材と技術がスマート製造の基盤となって、技術に人材を加えることで、工業スマート製造がさらによりよく発展していくでしょう。」と羅氏は意見を述べた。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65704-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください