走っている時代

LINEで送る

生活リズムが早い二十一世紀は情報化時代と言われている。情報の流通は技術革新によって速さも広さも飛躍的に伸びている。どんどん作り出されたアプリで、様々な情報から自分が欲しい情報を手に入れることも便利になって来た。走っている時代からこそ、人々は時間を無駄せずに止まらなくなった。

場所の間に移動するとき、停留場や駅に到着してたら時刻表を見て自分が乗る乗り物を確認していた。時刻表で乗り物の到着時間が書いてあっても、天気や事故などの原因で見合わせることもある。しかし、乗客の私たちは直ぐに知るはずはない。もう到着はずだった時間になるが,なぜ乗り物が来なかったと文句を言うことは時々あるだろう。今「車来た」というアプリがつくりだされた。このアプリが乗り物の最新時刻表を表せるので、乗り物到着の確実な時間が知られる。少し計算すれば、人と乗り物が同時に駅や停留場に到着して、待たずに乗られるようになった。そして、このアプリですべて乗り物の路線やリアルタイムの位置を調べることもできるので、自分で一番良い路線を作れるし、提供してくれる路線を選んでもいい。このアプリをスマホでダウンロードして、到着アラームを設置したら、乗り物で寝ても構わない。このアプリを使って、乗り換える時間を短縮し、走っている時代のテンポにつこう。


画像引用元:https://baike.baidu.com/item/车来了/8651675?fr=aladdin

 

走っている時代に、情報と人間が走っているだけではなく、家具のように大きな貨物にも走っている。「貨拉拉」というアプリで予約すれば、同城の荷扱いを受理して作業員と貨物にそれ相応の車を派遣してもらい、家まで届けて運び始める。この会社は2013年香港で企業して、2014年から東南アジアに進出始めた。この会社は始終変わらず貨物の運送を楽にする使命を帯び、情熱・気強い・謙虚・実行という価値観を持っている。このアプリを使って、貨物の運送から解放される私たちは物の処理する時間を省ける。


画像引用元:https://www.huolala.cn/

 

貨物にも自分で走っている時代に、様々なアプリを使っている人々も走させられる。時代のテンポにつくように、これらのようなアプリが欠けられないだろう。

 

張鴻浩

 

記事引用元:https://www.huolala.cn/about_us.html

                      https://baike.baidu.com/item/车来了/8651675?fr=aladdin

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください