近ごろ出会ったこと34 (2)

LINEで送る

(前回の続きより)

一方では、黄埔旧港区では、8万トンレベル大型旅客船を泊まることができ、敷地面積が約39764平方メートルで、さらに周辺ではバスの始発駅と公共駐車場がある大型国際旅客船の港を作り上げると計画しました。

知るところによると、大型旅客船港地区は商務会議、レジャー、商業金融、エンターテインメント、旅行会議などの飲食、居住、旅行の機能が一体化する集合区を作り上げる見込みです。

さらに、交通面では、黄埔臨港経済区で高鐵駅、地下鉄駅、路面電車路線を増加する予定です。駅の800mカバー率は87.7%で、その中に第二CBDの範囲では98%に達するようです。

今まで、黄埔に対するイメージはまだ広州南沙区のような感じにとどまっていますが、今回の計画を実現すれば、今までもなかった繁栄があるかもしれません。

 

黄燕

ビジネスハブ香港副編集長:http://businesshub.hk/category/huangblog/

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください