配膳ロボット

LINEで送る

スマート製造のブームでは、スマート製品も生活の各方面で応用する。現在飲食店では、スマート製品を見ることも珍しくない。

普通の配膳ロボットは主な人の形で、貼ったテープの通りで固定のルートを移動し、注文した料理を顧客の前で運ぶロボットである。また、プログラムに設定されたことを話せる。例えば、いらしゃいませとか。だが、逆で受け答えはできない。いま飲食店で使う場合が多く。

 

画像引用元:http://you.ctrip.com/travels/changzhou206/2973229.html

 

近年、人型ロボットの伝統的なデザインを突破し、効率を高め、新技術を配置されたロボットが出てくる。伝統の人型の代わりに、スクリーンの微笑である。また、固定された黒いテープの代わりにロボットは自主に位置づけ、最短のルートを計画して移動出来る。そして、複数の任務を同時に実行してもでき、一回で複数のテーブルに料理を運ぶことができる。普通の人型の配膳ロボットより運ぶ時間も短くなり、効率も高くなる。

 

画像引用元:https://zhuanlan.zhihu.com/p/28936882

 

この調子で、将来では、配膳ロボットの機能は次第に完備し、大幅に運ぶ時間を減少できると思う。一方では、確かに店員がロボットに替わり、徹底的に失業する可能性がある。だが、人のサービスではロボットのサービスにかけがえのないものがあり、完全に店員の代わりにロボットだけ使うことがまだ早すぎる話であると思っている。

 

参考サイト:

http://chuansong.me/n/863129651884

https://zhuanlan.zhihu.com/p/28936882

http://ibaoan.sznews.com/content/2016-07/29/content_13664358.htm

 

筆者:黄燕

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください