雄安は本当に上海と比べられるか?

LINEで送る

2017年4月1日、中国共産党中央委員会と国務院は、河北省の「雄安新区」を設立することを決定した。

「雄安新区」を設立する目的が3つある。まずに、北京と天津の都市超負荷を受け、都市の圧力を緩和し、一部の産業産能を移転することである。次に、北京、天津及び河北のコア地域を作り、本当に全体の地域の発展を促進するつもりである。さらに、珠江デルタと長江デルタはすでに安定期に入り、新たな活力を刺激して中国の経済発展を牽引することは難しいので、中国経済のために新たな動力を注ぐことが必要である。

 

画像引用元:http://www.sohu.com/a/131724530_465206

 

しかし、新区の発展は想像するほど容易ではなく、最も重要なのは環境問題と言われている。「雄安新区」にある地域は現在の水質が非常に悪いので、水質をコントロールし、全体的な環境を復元するために多くの費用がかかる。一般的に言えば、より良い背景条件を持つだけで大規模な建設期間に入ることができる。

一方、「雄安新区」の発展も大きな圧力に耐えており、特に上海からの圧力である。上海は長江デルタの中心都市であり、中国で最も発展した都市であり、その経済範囲が長江デルタ地域全体をカバーすることができる。だからこそ、その重要性は自明である。

もちろん、「雄安新区」の発展は期待されているが、その中の困難や障害は無視できない。

 

資料引用元:

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1564246588289360&wfr=spider&for=pc

http://www.sohu.com/a/134189164_365037

http://www.sohu.com/a/131724530_465206

https://www.huxiu.com/article/257581.html

 

筆者:孔靖茵

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください