電気街でmicro:bitを入手する

LINEで送る

アイデアギアのモノづくりニュース 第10回

~電気街でIoT学習用の基板を入手する~

 

これからモノづくりを進めるために一大決心して電気街のコワーキングスペースを借りましたが、それだけでやったつもりになってはダメです。簡単なところからでもいいのでやり始めないといけません。

今後、自社で取り組む製品のキーワードはIoTです。

モノを右から左へ流すようなやり方ではなく、ある程度コミットして取り組みます。IoT全体のことだけでなく、Python というプログラミング言語もある程度使いこなせるようにしたいと思っています。

このため、いくら私がBASICやCなどの基礎的なプログラミング言語の知識はあろうとも、最近はプログラミングなんてしていませんし、新たに勉強する必要があるためハードルは決して低くないです。ただ、簡単なところから一つ一つやっていけば必ず何かしらカタチにできると信じています。

 

 

そんな中、ちょうど日本から深センに来ている知人より、それならmicro:bitから始めた方がいいというアドバイスをいただきました。これまでは電気街を歩いていても目に留まりませんでしたが、実際に行って見ると意外と多くのお店でこのようなIoT関係の基板類を取り扱っています。

micro:bitはイギリスの有名な放送局であるBBCが子供へのIoTの学習用に開発したツールのようですが、初心者にはうってつけです。電気街のお店で、セットで注文すると翌日着と言われましたので、本体だけを注文しました。昼前に注文して、当日の夕方に受け取ることができました。

続きは次回お話しします。

 

アイデアギア・クリエーター

鈴木陽介

アイデアポート・グループ代表

www.ideaport.com.hk

※本記事の写真を無断で複製及び転用することはお控えください。写真をご利用なりたい場合は必ず事前に一言ご連絡ください。

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...