領収書を作成する時の10の重要な問題、見逃さないでください!(上)

LINEで送る

发票开具的十个重要问题,别错过!(上)

 

CWCC会计师事务所 2017-09-07

根据《关于增值税发票开具有关问题的公告》(国家税务总局公告2017年第16号文)规定,7月1日起,对企业开具及报销发票将实施新规定。目前,这些发票新规已经施行了近2个月,但仍有不少人对如何开票和报销还心存疑问。这里就为大家罗列了十个有代表性的问题,

 

画像引用元:https://pixabay.com/zh/%E8%AE%A2%E4%B9%A6%E6%9C%BA-%E7%AC%94-%E6%96%87%E4%B9%A6%E5%B7%A5%E4%BD%9C-%E5%8F%91%E7%A5%A8-%E5%8F%91%E7%A5%A8%E4%B9%A6-%E7%BA%B8-%E5%8A%9E%E5%85%AC%E5%AE%A4-%E4%BC%9A%E8%AE%A1-%E7%B0%BF%E8%AE%B0%E5%91%98-1016310/

 

下面就以上十个问题,给大家一一解答:

1、购买商品或服务项目较多,发票开具时必须开具明细吗?

根据《国家税务总局关于增值税发票开具有关问题的公告》(国家税务总局公告2017年第16号)第二条规定:“销售方开具增值税发票时,发票内容应按照实际销售情况如实开具,不得根据购买方要求填开与实际交易不符的内容。销售方开具发票时,通过销售平台系统与增值税发票税控系统后台对接,导入相关信息开票的,系统导入的开票数据内容应与实际交易相符,如不相符应及时修改完善销售平台系统。”

如果购买的商品种类较多,销售方可以汇总开具增值税普通发票。购买方可凭汇总开具的增值税普通发票以及购物清单或小票作为税收凭证。

2、政府、事业单位、医院、军队、学校、个人没有纳税人识别号,开具发票可以不填写吗?

根据《国家税务总局关于增值税发票开具有关问题的公告》(国家税务总局公告2017年第16号)的规定:“一、自2017年7月1日起,购买方为企业的,索取增值税普通发票时,应向销售方提供纳税人识别号或统一社会信用代码;销售方为其开具增值税普通发票时,应在‘购买方纳税人识别号’栏填写购买方的纳税人识别号或统一社会信用代码。不符合规定的发票,不得作为税收凭证。本公告所称企业,包括公司、非公司制企业法人、企业分支机构、个人独资企业、合伙企业和其他企业。”

因此,政府、事业单位、医院、军队、学校、个人不属于企业,开具发票可以不填写纳税人识别号。

3、餐饮发票还需不需要开具菜单?

根据《国家税务总局关于增值税发票开具有关问题的公告》(国家税务总局公告2017年第16号)第二条规定:“销售方开具增值税发票时,发票内容应按照实际销售情况如实开具,不得根据购买方要求填开与实际交易不符的内容。”

因此,餐饮发票据实开具即可,无需列明详细菜品、菜单。

4、定额发票是否必须填写纳税人识别号?

16号公告适用于通过增值税税控开票系统开具的增值税普通发票,对于定额发票,无购买方纳税人识别号填写栏的,可不填写购买方纳税人识别号,仍按照现有方式开具发票。

5、购买方为企业,取得7月1日后开具的增值税普通发票,没有填写购买方纳税人识别号,可以作为税收凭证吗?

根据《国家税务总局关于增值税发票开具有关问题的公告》(国家税务总局公告2017年第16号)第一条规定:“自2017年7月1日起,购买方为企业的,索取增值税普通发票时,应向销售方提供纳税人识别号或统一社会信用代码;销售方为其开具增值税普通发票时,应在‘购买方纳税人识别号’栏填写购买方的纳税人识别号或统一社会信用代码。不符合规定的发票,不得作为税收凭证。”

▌信息:来源于深圳福田国税,中国税务杂志社,北京国税。

▌编辑:CWCC会计师事务所公众号

 

 

 

領収書を作成する時の10の重要な問題、見逃さないでください!(上)

 

CWCC会計士事務所 2017-09-07

『増値税領収書の関連問題の通達』(国家税務総局の通達の2017年の第16号文)によって、7月1日から、企業に対して領収書の作成と清算について新しい規則を実施する。現在、新しい規則はすでに施行されて2ヶ月近くであるが、多くの人は領収書の作成と清算に対して疑問を抱いている。そんな皆様のためにここに10の代表的な問題を並べた。

 

画像引用元:https://pixabay.com/zh/%E8%AE%A2%E4%B9%A6%E6%9C%BA-%E7%AC%94-%E6%96%87%E4%B9%A6%E5%B7%A5%E4%BD%9C-%E5%8F%91%E7%A5%A8-%E5%8F%91%E7%A5%A8%E4%B9%A6-%E7%BA%B8-%E5%8A%9E%E5%85%AC%E5%AE%A4-%E4%BC%9A%E8%AE%A1-%E7%B0%BF%E8%AE%B0%E5%91%98-1016310/

 

次は以上の10の問題について、順番に答える:

1、購入する商品とサービスの項目が多い場合、領収書を作成する時明細を作成しなければなりませんか?

『増値税領収書の関連問題の通達』(国家税務総局の公告の2017年の第16号文)の第二条によって、「販売側が増値税領収書を作成する時、領収書の内容は実際の販売状況によってありのままに作成するべきで、購入側の要求によって実際と一致しない内容を記載してはならない。販売側が領収書を作成する時、販売プラットフォームシステムと増値税領収書の税管理システムを通じてバックグランドドッキングし、関連情報を導入して領収書を作成する。システムが導入したデータの内容は実際の取引の内容と一致するべきで、もし一致しないときは販売プラットフォームシステムを迅速に修正するべきだ。」と規定されている。

商品の種類が多い場合、販売側はまとめて増値税普通領収書を作成することができる。購入側はまとめて作成した増値税普通領収書とショッピングリスト或いはレシートを税収の証拠にすることができる。

2、政府、国家機関、病院、軍隊、学校、個人は納税者識別番号がなく、領収書を作成する時書き込まなくてもいいですか?

『増値税領収書の関連問題の通達』(国家税務総局の公告の2017年の第16号文)によって、「一、2017年7月1日から、購入側が企業の場合、増値税普通領収書を請求する時、販売側に納税者識別番号あるいは統一社会信用コードを提供するべきだ。販売側は増値税普通領収書を作成する時、『購入側の納税者識別番号』のところに納税者識別番号あるいは統一社会信用コードを書き込むべきだ。規則に合わない領収書は税収の証拠にすることができない。当通達の称するところの企業とは会社、非会社制企業法人、企業支店機構、個人独資企業、パートナーシップ企業とその他の企業を含めている。」と規定されている。

政府、国家機関、病院、軍隊、学校、個人は企業ではないから、領収書を作成する時納税者識別番号を書き込まなくてもいい。

3、飲食の領収書はメニューを付ける必要がありますか?

『増値税領収書の関連問題の通達』(国家税務総局の公告の2017年の第16号文)の第二条によって、「販売側が増値税領収書を作成する時、領収書の内容は実際の販売状況によってありのままに作成するべきで、購入側の要求によって実際と一致しない内容を記載してはならない。」と規定されている。

そこで、飲食の領収書を作成する時実際の販売状況によって作成されてあればいい。詳しくメニューを付ける必要がない。

4、定額領収書は納税者識別番号を書き込まなければならないですか?

16号通達の適用範囲は増値税領収書の税管理システムを通じて作成した増値税普通領収書である。定額領収書に対しては、購入側の納税者識別番号を書き込むところがない場合、書き込まないで良く、従来の方法によって領収書を作成すればいい。

5、購入側が企業で、7月1日以降作成した、買い手の納税者識別番号が書き込んでいない増値税普通領収書を取得しました。税収の証拠にすることができますか?

『増値税領収書の関連問題の通達』(国家税務総局の公告の2017年の第16号文)によって、「一、2017年7月1日から、購入側が企業の場合、増値税普通領収書を請求する時、販売側に納税者識別番号あるいは統一社会信用コードを提供するべきだ。販売側は増値税普通領収書を作成する時、『購入側の納税者識別番号』のところに納税者識別番号あるいは統一社会信用コードを書き込むべきだ。規則に合わない領収書は税収の証拠にすることができない。」と規定されている。

 

情報:深セン福田国税、中国税務雑誌社、北京国税より。

編集:CWCC会計士事務所の公衆号

 

記事引用元:https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzU0MzExNjg2Mw==&mid=2247484054&idx=3&sn=93620376223529a21737d30211254133&scene=19#wechat_redirect

 

CWCC国際会計事務所

CWCCは1986年に設立された国際会計事務所です。

本社を香港に置き、シンセン・上海・北京・南昌の 6 拠点に於いて、洗練されたサービスの提供に努めて参りました。

創業から30年以上の歴史を持ち、中国に進出して以降20年以上の経験を有しています。

私どもの強みは、会計・税務の高い水準のプロフェッショナルサービスをフルセットでお客様に提供でき、香港・中国間の連結監査も外注することなくすべて CWCC 自社内で行えることで、

ジャパンデパートメントのような専任部門を社内に有しているところも評価されている一面です。

今後も国際的な経験とグローバルな視野から、多様化するお客様の需要に合致する適切なアドバイスと満足度の高いサービスを提供出来るよう、CWCC 全社を挙げて鋭意努力して参ります。

https://www.digima-japan.com/company/cwcccpa/

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...