食卓の「無人化」

LINEで送る

食卓の「無人化」

科学技術の発展に従って、「無人化」は今の現代社会ではやっている。「無人スーパー」、「無人本屋」、「無人レストラン」などの無人化施設がますます多くなり、人々の生活に便利を与える。深セン、多くの科学技術企業が集まっている大都市は、今も「無人化」の発展を進めている。では、食生活を大事にする中国の土地で、「無人化」はどのように発展しているのか。今度、深センの無人レストランを紹介しよう。

 

黒犀牛無人レストラン

「黒犀牛プロジェクト」は飲食ロボットを基づいて、食品流通ができる全産業チェーンのスマートプラットフォームである。黒犀牛無人レストランでコックロボットが置かれている。ロボットはシンプルスナックの製作、食品の包装と販売などのサービスを提供できる。

このようなコックロボットはレストランの人力、空間のコストを減らすことができる。消費者はレストランに入り、携帯を使って注文することができる。それに、黒犀牛レストランに顔認証システムもある。消費者たちは顔認証を通じて、料理を取ることもできる。

 

画像引用元:https://www.zcool.com.cn/work/ZMjc2Nzg1MDA=/5.html

 

そして、食品の安全問題を解決するために、三つの安全措置を取った。食材の安全検測、無人操作と根源を糺すという措置である。この三つの措置を通って、料理提供システムの安全、栄養と効率が実現し、食材から料理までの食品安全管理システムを築く。

 

アドレス:深セン龍崗区大運ソフトウェア小町28棟

 

蒸膳美ロボットレストラン

蒸膳美はスープ、蒸し飯、麺、ジュースなどのファストフードを経営する中華栄養料理店である。中国の各地に蒸膳美のチェーン店が沢山ある。

深センの蒸膳美ロボットレストランのウェーターはすべてロボットなのである。ロボットの高速的、効率的な仕事はレストランのコストを減らすだけでなく、消費者に新しい食事体験を与える。このレストランは24時間も営業し続き、とても便利である。それに、レストランの食卓もすべてスマート化になり、美食を待っている時も映画を見て、他人とチャットするだけでなく、卓ゲームも楽しむことができる。

 

画像引用元:http://www.sohu.com/a/224330725_709181

 

アドレス:深セン宝安区石岩街道宝石西路北寮1階108-3号店

 

現在、中国の無人レストランは発展し始まるばかりで、ほかの国と比べると、中国の無人レストランまだ少ないのである。しかし、AI技術の普及に伴って、多くの飲食店は無人レストランを建設する道を探していて、将来、自動化のレストランは深センで、中国で普及するのだろう。ロボットは人に取って代わり、簡単な仕事をするのは趨勢である。そうすれば、失業した人があるかもしれないが、無人化も新たな経済活動と仕事の持ち場を与える。労働型社会から人材型社会に変化することこそ、現代社会の発展趨勢である。

 

資料引用元:

https://tieba.baidu.com/p/5693793660?red_tag=1894930920

http://www.sohu.com/a/224330725_709181

http://www.sohu.com/a/134143473_583536

 

筆者:李泳琳

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください