香港での法人口座開設

LINEで送る

今、香港銀行は以前のように気軽に口座を開設することができない。小さな国や貧しい国は、香港の銀行口座が開設出来ず、それとも材料を少し多めに要求したりされる。それに、預金額にも一定の要求がある。

香港は2017年1月1日からCRS共同申告金融情報自動交換協定を実施し、2018年9月に世界100カ国以上と初めての交換を実施したという。香港銀行は、外国のパスポートや中国のパスポートを持って銀行に口座を開設したいと考えている人に対して、さらに高い要求を出している。香港スイス銀行では、外国人のパスポートを持っていけば口座を開設することはできず、外国のGDPと国家の安定に一定の要求がある。さらに、香港のスイスの銀行口座を開設するためには、水道料金請求書住所証明、属国税目、現地国銀行証明などの関連証明が必要だ。

申請者がどの国の税務民権に属しているのか、納税番号などの情報が記載されている。2018年9月、香港は他の関連CRSパートナーの国と金融口座に関する情報を初めて自動交換した。第2次国家のCRS地域、第1次交換国より1年遅い。現在、外国籍のパスポートに対して制限が増え、申請条件が多くなり、手続きが複雑で、口座の開設時間は数時間から一ヶ月ほどの審査などが行われている。

 

香港の法人口座の設立条件:

1.香港銀行は会社の3分の2以上の取締役が直接銀行を訪れて手続きをするのが望ましい。

2.株主:株式の割合は9%以上の株主は自ら銀行に行って口座開設手続きをしなければならない。

 

資料引用元:

http://s.dianping.com/topic/40071906/author/1797908582

https://www.sohu.com/a/128714568_430779

https://zhidao.baidu.com/question/438923003876788444.html

 

筆者:钟珮瑜

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください