高鉄改札の新方式

LINEで送る

ご承知のように、この前鉄路部門の各鉄道駅はずっと青色の電子切符で検証機で改札し、あるいは赤色の紙切符で伝統的な人工検証で改札する。だが、切符実名制の下で、大量の乗客の流れでは、その方式の処理スピードはちょっと遅く、乗客もイライラになる。

それゆえ、現在新しい改札技術を導入した。それは顔認証である。顔認証で速ければ3-5秒で中に入れるようになる。実名制検証の正確さを高めるだけでなく、検証の時間も減少できる。

 

画像引用元:http://hunan.voc.com.cn/article/201709/201709301714585743.html

 

2017年の春運では、多くの鉄道駅は新しい改札技術を使用し始めた

2017年の春運は1月13日から2月21日である。巨大の乗客の流れに向き、顔認証の応用は大幅に検証時間を減少でき、よりよく安全や便利になる。

現在、顔認証検証機は北京、広州、鄭州、太原、武漢などの都市で使用し始め、だんだん全国に普及する。

 

画像引用元:http://news.163.com/17/1113/19/D355VTUA00018AOQ.html

 

顔認証検証機では3-5秒で中に入れる

はじめて顔認証検証機を使用するのは西安北站であった。スタッフの紹介によると、顔認証検証機はスキャナーした顔とIDカードと対比し、切符、IDカード、人と統一するということである。全過程はだいたい3-5秒かかり、主に顔の輪郭、眉骨、唇の両辺を対比し、体型と関係なく、過度に容姿を整え、あるいは顔の形を変える場合ではないと通過できる。帽子、メガネ、マスクなどの顔を遮る物にも影響があり、外すべきだ。また、髪を剃る場合では、スキャナーした顔がIDカードの写真が違うので、通過できない。相似度は75%に満たさないと人工検証をしなければならない。もしネットで登録された逃走者を見つけると、自動に公安システムに報告し、どの駅、どれ検証機、取った様子までも分かる。

自分で検証する乗客は必ず二代のIDカードと切符を持っており、まずIDカードをしたに置き、切符を上に置き、切符のQRコードが前に向き、IDカードと切符一緒に白い機械のカードスロットに入り、機械の前で少し待ち、その時機械のビューフレームでは乗客の画像が出てくれ、記録された後、機械は切符、IDカード、人の写真が統一すると検証すれば通過できる。必ずマスク、サングラス、帽子を外しなければならなく、顔が何も遮らないことを保つべきだ。

 

資料引用元:

http://news.nen.com.cn/system/2017/01/16/019601756.shtml

http://hunan.voc.com.cn/article/201709/201709301714585743.html

 

筆者:黄燕

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...