黄沙の文房具街 番外編

LINEで送る

香港華南地区問屋街リポート 第5回

~黄沙駅付近の紹介~

 

前回と前々回で黄沙の文房具街についてご紹介しましたが、実は黄沙駅の近くには、文房具街「誼園」の他にも見どころがある場所が二つあります。

 

海鮮市場と沙面です。

 

問屋街がビジネスだとすれば、この2つはどちらかというと観光名所ですが、地元の人たちには有名な場所ですので、みなさんもぜひ仕事の息抜きに活用してください。

 

とその前に、文房具街の相場観をご理解いただくために、まずは私が当日誼園で購入したものをご紹介します。

ボールペン     1元×2本

高級手帳      9元×2冊(卸の最小単位は70元/10冊)

IDカードケース   3元×1個

上記の首かけ用の紐 0.5元×1個

 

これだけ買って23元でした。(2016年10月18日現在、1元=約15.41円)

http://info.finance.yahoo.co.jp/fx/convert/?a=1&s=CNY&t=JPY

 

それでは、海鮮市場と沙面への行き方をご説明します。

 

沙面への行き方

 

まずは、黄沙駅に到着したらD出口へ向かいます。

 

 

真っ直ぐ進むと左手側に地上へ出るエスカレーターがありますので、それに乗って地上へ向かいます。

 

上まで行ったら、正面左(写真の奥方向)から外へ出てください。

 

 

外へ出たら左側を進んでください。ちなみに、右側を進むと誼園文房具街へ辿り着きます。

奥に見える陸橋を渡って幹線道路の反対側へ行きます。

 

陸橋の反対側は何箇所か降りる場所がありますが、写真のとおり右手側を降りてください。

 

少し歩くと左手側に沙面への入り口が見えます。この小橋を渡ると一帯すべてが沙面です。

 

小橋を渡ると案内板があります。ここは問屋街リポートですので、沙面の詳しい観光情報は別のサイトなどで確認してください。

 

海鮮市場への行き方

 

海鮮市場へ行く場合は、先程の小橋を左手に見ながらそのまま川沿いを真っ直ぐ進みます。

 

途中まで進むと右手に歩道があり、その先にバス停が見えますので、バス停を越えて真っ直ぐ進んで下さい。そうすると、左手に「黄沙水産交易市場」と書かれた門が見えます。ここが海鮮市場の正門です。

 

多くのお店で様々な海鮮が売られています。規模は東京の築地市場とまでは行きませんが、築地と同じように、市場の入口付近には市場で仕入れた海鮮を食べることができるお店があります。

 

では、次回は広州の別の問屋街をリポートします。

 

問屋街オタク

鈴木陽介

 

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・トレーディング代表:www.ideaport.com.hk)

 

※本記事の写真はすべてリポーターが撮影した写真です。本記事の目的は問屋街の存在を周知することであり、内容の真偽に関しては責任を負いかねます。本記事が提供する情報につきましては、読者自身のご判断によりご活用ください。

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK
■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□ http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください