3Dプリンターで試作品をつくる

LINEで送る

アイデアギアのモノづくりニュース 第15回

~ダンベルの試作品をプラスチックでつくる~

 

前回はスポーツ用品店でダンベルを購入したことをお話ししました。

で、そのダンベルは自分の身体を鍛えるために購入したのではなく、実は、単に寸法を測りたかったというのが主な動機です。

もう一つは、7、8月は問屋街オタクシリーズの第二弾の出版の関係で、モノづくりの方が停滞していましたので、まず何か行動に移すことでもう一度自分の中のモチベーションアップを図るという狙いもありました。

ということで、以下、時系列でご説明します。

 

9月11日:

広州出張から戻った足で華強北電気街のオフィス近くにあるスポーツショップでダンベルを購入する。

9月12日:

購入した心棒を参考に、IoT化用の基板の寸法も考慮しながら、手書きで何とか図面っぽいものを書き、深セン在住の知人の社長にWeChatで手書き図面の写真を送る。

 


機械図面は描けませんが、寸法の指示くらいはできます。

これでわかるか心配でしたが、何とか理解してくれました。

 

9月13日:

先方の設計担当とWeChatでやり取りしながら3Dの図面を修正し、WeChatペイで支払い発注する。

 

心棒を全部埋めると材料費が高くつくため、先方より、上記の通り材料代を減らす工夫を提案してくれました。ありがたいです。

 

9月14日:

3Dプリンターで、図面通りに2つ製造。

9月15日:完成、都合により完成2日後に現地で受け取り。



思ったよりキレイにできていましたが、表面を削ったりと後処理も施してくれたようです。

 

いずれにせよ、作ろうと思ってから3、4日で完成しました。

このスピード感はさすが深センですね!

 

では、続きは次回お伝えします。

 

アイデアギア・クリエーター

鈴木陽介

アイデアポート・グループ代表

www.ideaport.com.hk

※本記事の写真を無断で複製及び転用することはお控えください。写真をご利用なりたい場合は必ず事前に一言ご連絡ください。

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください