BYDのクラウドモルレール

LINEで送る

クラウドモルレールは、BYD株式会社が現在の渋滞問題と大気汚染問題について長年を経て自主的に開発した画期的なモルレール交通製品である。その上、クラウドモルレールはすべて高架の方式で敷設されており、道を占用しなく、地下鉄やバスなどの交通機関にも完璧につながっていくことができる。

 

画像引用元:https://www.byd.com/cn/news/2019-02-05/春晚又见比亚迪,云轨云巴展现看得见的未来城市

 

BYD株式会社は、「空に空間を求め、地上に減法を行う」という方式を通し、地上や地下を統合する都市の立体的な交通を作り出す。また、車両自体は無人運転、インテリジェント調整など数十項の「黒いテクノロジー」を持っている。

クラウドモルレールの無人運転技術は、主に3つの技術を使用する必要がある。それは制御技術、位置決め技術、通信技術のことである。クラウドモルレールは、ハードウェア、ソフトウェア、コアから無人運転、通信ネットワークにかけて全然外国の技術にも依存しなく、中国はそれ自身の知的財産権を100 %持っていると言うことができる。

 

画像引用元:https://www.byd.com/cn/news/2019-02-05/春晚又见比亚迪,云轨云巴展现看得见的未来城市

 

クラウドモルレールの出現は、「未来都市」という概念をもたらし、中国におけるインテリジェント科学技術の発展の重要な転換点である。

 

資料引用元:

https://www.byd.com/cn/news/2019-02-05/春晚又见比亚迪,云轨云巴展现看得见的未来城市

http://auto.eastday.com/a/180307135138180-2.html

 

筆者:孔靖茵

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください