ETCがwechatペイとアリペイに対応する

LINEで送る

ETCとは有料道路を利用する際に料金所で停車することなく通過できるノンストップ自動料金収受システムである。


画像引用元:http://image.so.com/v?q=etc&src=srp&correct=etc&cmsid=575679070e43728ff1b628e7fd977434&cmran=0&cmras=6&cn=0&gn=0&kn=31#multiple=0&gsrc=1&dataindex=103&id=aa600ef1eccc6e3490cb53cf81f46388&prevsn=0&currsn=91&jdx=103&fsn=91




最近、アリペイは「ナンバープレート払」という新しい機能を発表した。具体的な手順はアリペイの胡麻信用に申し込み、車の所有者、運転免許証と車体の写真をアップロードしたら、できた。高速道路の料金を払う時に、高速道路の料金所で通行カードをスタッフに渡し、コンピューターシステムはナンバープレートをスキャンし、自動的アリペイのアカウントから料金を差し引く。でも、現在使用できる地域は河南省と陝西だけである。



そのほかに、中国でもう一つ有名なモバイル決済ーーwechatペイでもETCに対応する。wechatETCはETCの新ユーザーだけ新規登録できる。また、自動車の所有者の身分証明書や運転免許証も必要である。現在広州、深セン、江蘇省にだけ対応する。



伝統的な支払い方と一般的なETCに比べて、wechatペイとアリペイのETCは代理支払の一つで、つまり、直接にwechatペイあるいはアリペイから料金を差し引く。オンラインのみで高速道路が通過できるのは確かに便利である。


画像引用元:http://image.so.com/v?q=etc&src=srp&correct=etc&cmsid=383f9b1a94a42159cb215f2aee44d638&cmran=0&cmras=6&cn=0&gn=0&kn=31#multiple=0&gsrc=1&dataindex=34&id=0583f4caeaabecee9702000839b74933&currsn=0&jdx=34&fsn=91



しかし、目前この二つの支払い方はまだチェックされる段階なので、一般的なETCなように、停車しないで自動的に差し引けない。また、使用できる地域はまだ少ないので、こんなに便利ではない。



筆者:徐潔桃

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...