IEA:20年内中国はアメリカを超え、世界一の原子力エネルギー国になる見込み!

LINEで送る

国际能源署:20年内,中国将超越美国成为最大核能国!

 

2018-02-22 14:56:00 来源:亚太日报

美国财经媒体《市场观察》22日援引国际能源机构的数据称,未来20年内,中国将超越美国成为全球最大核能生产国。

国际能源署执行董事法提赫•比罗尔21日在伦敦举行的国际石油周会议上,对美国和欧洲对核电投资不足表示担忧,而中国正处于领先地位。

“中国经济恢复强劲。目前,全球共约60个核电站在建,其中超过三分之一在中国。中国正在成长,我们很快就会看到中国超越美国,成为世界第一核电国家。”比罗尔如此说道。

比罗尔还指出,自20世纪60年代以来,美国一直是核能领域的全球领导者。但他表示,目前存在两种趋势威胁到美国的头号地位:核能容量增加极少、现有电厂寿命无法延长。他还表示,欧洲亦是如此,主要核能国——法国近年来核能产量急剧下降。

 

画像引用元:http://cn.apdnews.com/world/822426.html

 

比罗尔预计,到2030年,中国将超越美国成为最大核能国。他补充道:“当中国发生变化时,一切都会改变......新的中国能源政策意味着全球能源市场的新阶段。”

 

 

IEA:20年内中国はアメリカを超え、世界一の原子力エネルギー国になる見込み!

 

2018-02-22 14:56:00 出所:アジアパシフィックディリーニュース

アメリカ財経メディア『Market Watch』が22日に国際エネルギー機関(IEA)のデータを引用し、20年内に中国はアメリカを超え、最大原子力エネルギー国になる見込みだと発表した。

IEAの専務Fatih Birol氏は21日にロンドンで行った国際石油週会議で、アメリカとヨーロッパが原子力エネルギーの投資不足について心配するが、中国は率先していると表した。

「中国の経済回復は強い。現在、世界には総計60箇所ぐらいの原子力発電所が建てられており、その中の3分の1は中国にある。中国は成長しており、まもなく中国はアメリカを超え、世界一の原子力エネルギー国になるだろう。」Birol氏は言った。

Birol氏は、「20世紀60年代以来、アメリカは原子力エネルギー領域での全世界のリーダーであった。だが、現在二つの動向がアメリカの世界一の地位を脅迫する。一つには、原子力エネルギーの容量の増加が極めて少なく、現有の発電所の使用寿命を伸ばすことが出来ないということである。また、ヨーロッパも同じ状況であり、主な原子力エネルギー国であるフランスでの近年来の原子力エネルギー生産量は急激に下がっている。」と表した。

 

画像引用元:http://cn.apdnews.com/world/822426.html

 

Birol氏は、2030年までに、中国はアメリカを超え、世界一の原子力エネルギー国になると予想する。「中国が変化する時、すべては変わる...新しい中国エネルギー政策は世界エネルギー市場の新段階を意味する。」と氏は付け加えて表した。

 

記事引用元:http://cn.apdnews.com/world/822426.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...