WeChatペイ  

LINEで送る

WeChatは中国大手IT企業テンセント(騰訊)が作った無料インスタントメッセンジャーアプリである。企画は2010年10月にテンセント広州企画研究センターで始まった。2011年1月21日に中国でサービス開始テンセントが以前より提供していたインスタントメッセンジャーテンセントQQの発展型として、メッセンジャー機能とソーシャル・ネットワーキング・サービス機能の融合が特徴と評される。競合するメッセンジャーアプリ「LINE」や「カカオトーク」とほぼ同じ機能が並んでおり、文字・音声・写真・動画・表情・グループチャットなどコミュニケーション機能を有する。また、バージョン5.0よりモバイル決済機能も追加された。


画像引用元:http://pic.sogou.com/d?query=%CE%A2%D0%C5%D6%A7%B8%B6&mode=1&did=4#did3

 

近年テンセントは、豊富な資金力とユーザを背景にモバイル決済市場を進出し、中国だけではなく、世界的各地に遍在するWeChatユーザーに便利なスマホー支払サービスを提供しています。2013年8月から中国で開始されたモバイル決済サービスであるWeChatは、中国のモバイル決済市場でアリペイと拮抗していて、一番大きいな企業になった。


画像引用元:http://pic.sogou.com/d?query=%CE%A2%D0%C5%D6%A7%B8%B6&mode=1&did=31#did30


東京の繁華街・渋谷で3日、中国のインターネットサービス大手・テンセント傘下のモバイル決済WeChatペイの世界100軒目となる旗艦店がオープンした。今回、WeChatペイは、総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」と提携し、渋谷や新宿を含む重要な商圏にある37店舗で微信支付を導入する。現在、各大都市の空港もWeChatペイが注目する場所となっている。

WeChatペイの越境業務の運営責任者・殷潔氏は取材に対して、日本におけるWeChatペイの6月の1日当たり平均決済額は1月のピーク値の40倍に達し、WeChatペイの決済件数も16倍に達したことを明らかにした。利用者一人当たりの単価が右肩上がりとなっており、日本の各ショップも微信支付をさらに積極的に導入するようになっている。これにより、「財布を持たない」というライフスタイルが現在、日本社会でも浸透し始めている。

 

張鴻浩

記事参考サイト:https://zh.wikipedia.org/wiki/Special:Search?search=%E5%BE%AE%E4%BF%A1&go=Go

https://baike.baidu.com/item/微信支付/7322448?fr=aladdin

http://j.people.com.cn/n3/2017/0704/c94473-9236887.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK
■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□ http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください